レッドブルF1代表 「シルバーストンでメルセデスF1は無視できない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今週末のシルバーストンで始まる今後のレースでメルセデスF1が無視できないチームになると考えている。

メルセデスF1は、いまだW13のパフォーマンスに影響を与えているバウンシングの問題に対処しているが、F1カナダグランプリではルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルが3位と4位でフィニッシュし、わずかに前進をしたが、まだレッドブルとフェラーリによる優勝争いに加わることを期待するまでには道のりは長いように思われる。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1が今週末シルバーストンの高速レイアウトで戦いに加わってくる可能性があることを示唆している。

「間違いなく、彼らはシルバーストンで強いだろうと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼らがそうならない理由は見当たらない。ポール・リカールも同じだ。シルバーストンではフェラーリも速いと思う」

「このレイアウトの性質上、我々にとってよりチャレンジグなサーキットになる可能性がある」

「6連勝は信じられないことだが、シルバーストンはおそらく最もチャレンジングなものになるだろう」

メルセデスF1は、W13をもう一度改善するためにF1イギリスGPでいくつかのアップデートを実装することを明らかにしている。

しかし、レッドブル・レーシングに関しては、近い将来、重要な新しいパーツがRB18に登場することはない。

「コンポーネントは、コンポーネントの寿命が尽きたときに導入される」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「これは、前の年に見られたものとは非常に異なる開発形態だ」

レッドブル・レーシング F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス / F1イギリスGP