レッドブルF1代表 「問題は技術規則ではなくメルセデスのコンセプト」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1の問題はF1レギュレーションを読み違えたことに起因するとバウンシング論争におけるトト・ヴォルフの“哀れな”告発を批判した。

トト・ヴォルフは、カナダグランプリの週末の土曜日に行われたチームプリンシパルミーティングで、車のバウンシングをテーマに、クリスチャン・ホーナーやフェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットと激しい議論をかわしたことが報じられている。

それは、FIA(国際自動車連盟)が、カナダグランプリ週末の前夜に新しい技術指令を出し、グラウンドエフェクトカーに生まれ変わった新世代F1マシンが苦しんでいるバウンシングを助ける動きに出た。

モントリオールで予選後、トト・ヴォルフはメルセデスF1のライバルを「不誠実」で「政治的ゲーム」をプレイしたと非難し、「バックグラウンドで巧みな操作」をするという罪を犯したと付け加えた。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1がバウンシングの問題を乗り越えられなかったことで、他のチームが罰せられるべきではないという彼の立場に繰り返した。

「明らかにフェラーリは技術指令に関してその立場を示し、トトはレギュレーションの変更をキャンペーンしている。これは、彼の車があまりバウンドせず、今日は非常に速く見えたので、やや皮肉なことだ」とクリスチャン・ホーナーは日曜日のレース後に語った。

「そして、それは、おそらく彼の問題は全員の問題ではなく、内にあるということがはっきりと指摘されたと思う」

Netflixのカメラで会議に入っていたかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「あの会議では演劇の要素が起こっていたと思う。ルイスの新しい映画が登場することで、彼はその役割を果たしているのかもしれない」と答えた。

また、クリスチャン・ホーナーは、彼のレッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスが、F1レギュレーションの長期的な健康への影響の可能性に対する懸念を提起したF1ドライバーの一人であったというトト・ヴォルフの主張を却下した。

「メルセデスの問題は、他のどの車よりも深刻だ。あるいは、カナダ前は確かにそうだった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それは確かにチーム次第だ。それはチームの管理下にある」

「それは他の人に影響を与えていない。彼らが他のドライバーが不平を言っていると言っていることを私は知っている。我々のドライバーがポーパシングについて不平を言ったことは一度もない」

「我々にバウンシングの問題が発生していないのは確かだ。問題は、彼らが車を非常に硬くして走らせていることだ。問題はレギュレーションではなく、彼らのコンセプトだと思う」

クリスチャン・ホーナーは、F1チームが最終的にバウンスする問題を時間の経過とともに制御し、FIAの介入は必要としないと信じている。

したがって、クリスチャン・ホーナーは、F1の統治機関であるFIAは、他の競技者にとって危険でリスクがあるとみなされる車を単に失格にする権利の範囲内にあると主張した。

「チームには、世界で最も優秀なエンジニアリングの才能がある」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「物事は収束していくだろう」

「規制がそのままであったとしても、来年ここに座ってバウンシングについて話し合うことはないだろう。これらの車はまだ比較的新しいものであり、チームが車に開発を追加するにつれて、これらの問題のいくつかに対処し始めることが見られるだろう」

「シーズンの途中で技術規則を突然変更することはできまない。車が危険な場合、チームはそれを走らせるべきではない。その選択肢がある」

「あるいはFIAは、個々の車が危険だと感じた場合、常にブラックグラッグを自由に使える」

一方、マッティア・ビノットはこの問題に対するフェラーリのスタンスを明確にし、チームがFIAに技術的指令を「適用可能」とは見なしていないことを明らかにした。

「我々にとって、その技術指令は適用されない」とマッティア・ビノットは語った。

「そして、それは我々がFIAに言及したことだ」

「技術指令は、規制を明確にするため、またはポリシングに対処するためにある。レギュレーションを変えることはない。ガバナンスの問題だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス