レッドブルF1首脳 「ペレスのチームオーダーへの怒りは理解できる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがチームオーダーに怒りを露わにしたことは「理解できる」と語る。

F1スペインGPでレースをリードしていたセルジオ・ペレスは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンにリードを引き渡すように命じたチームの「不公平」な決定に声高に腹を立てた。また、この問題について個人的に話し合うことを無線で誓った。

元F1ドライバーのギド・ヴァン・デル・ガルドは、セルジオ・ペレスが新しいレッドブル・レーシングとの契約について「交渉」していると考えている。

「彼がすべてをチーム内で話し合うのは良いことだ」とギド・ヴァン・デル・ガルではViaplayに語った。

「自分がペレスなら、とにかくサインしたい。彼は今交渉している」

「そこで彼が1番手を走っていたが、十分な速さでもなかった」

「彼はチーム内での自分の位置を知っている」

別の元F1ドライバーであるクリスチャン・アルバースは「彼は良いレースをしていたが、マックスのスピードはない」と同意する。。

「チームとして選択をしなければならず、多くのタイムを失うことはできない。マックスは今、チームとして望んでいるチャンピオンシップのリーダーだ」

「ペレスがそれが公平だと思わないのはナンセンスだと思う」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方が「2つの異なる戦略」をとっていたためにチームオーダーが行われたと述べた。

「チェコが彼のタイヤセットを使い終えることができなかったことは明らかだった」とヘルムート・マルコはORFに語った。

「そして、戦略に関して、マックスの方がより速いものであったことは非常に明白だった」

「しかし、彼が腹を立てていたことは理解できる。彼は目の前で勝利が目得ていた。セルジオは当時それを理解していなかったが、それが1-2を獲得するために最善かつ最も安全な選択肢だった」

「彼が私に尋ねたら、他に解決策はなかったと彼に詳しく説明する。しかし、もちろん、熱くなっているときには腹立たしいものだ」

「彼がすぐに『チームメイトを抜いてやる』と言わないことは完全に理解できる。そうすれば、彼は本当のレーシングドライバーにはならないだろう」

ヘルムート・マルコがロビー活動をしている2023年の契約が実際に提供されることをセルジオ・ペレスに知らせることによって、事態を収めた信じる人もいる。

「チーム内でいくつかのことを明確にする必要があるが、心配していることは何もない」とセルジオ・ペレスは日曜日のレース後に語った。

「チームの雰囲気と勢いは前例のないものだとしか言えない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP / セルジオ・ペレス