レッドブルF1、DRSトラブルはRB18の軽量化を追求した副作用?
マックス・フェルスタッペンは、F1スペインGPで勝利を収めたが、DRS(ドラッグリダクションシステム)のトラブルにとってレース中にストレスを感じていた。

ターン4でコースアウトして4番手まで順位を下げたマックス・フェルスタッペンは、勝利に再挑戦するためにジョージ・ラッセル(メルセデス)を抜かなければならなかったが、DRSが一貫して機能しなかったことによって妥協を強いられた。

DRSの問題は、予選中に発生した問題の再発であり、マックス・フェルスタッペンは最終アタックでポールポジションを獲得するためにシャルル・ルクレールに挑戦することを妨げた。

これにより、レッドブル・レーシングは問題を解決するために、レースに先立ってパルクフェルメの条件下で変更を加えた。

レース前の公式FIAテクニカルデリゲートのレポートによると、どのパーツがペナルティなしで変更されるかを示しており、レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンのRB18のDRSアクチュエーターとフラップピボットピンを交換することを選択した。

だが、これは明らかに問題を完全に解決するには十分ではなく、問題が1つのアイテムの故障を超えていることを示唆している。

問題はアクチュエーター機構だけを中心に展開しているようではなさそうだ。チームは、予選後のウイングのチェック中に発見した可能性のあるストレス関連の亀裂や破損を懸念していたようだ。

そのため、上部フラップの大部分が修正の対象となり、車がグリッドに到達する前にスポンサーデカールが再適用された。

興味深いことに、セルジオ・ペレスは予選で問題を抱えておらず、レース前にDRSアクチュエーターやピボットを交換しなかったが、リアウィングのアッパーフラップに同じ修正を適用していた。

DRSの問題は、昨シーズンの終わりにチームが直面した問題と類似している。

しかし、それがストレスによって引き起こされたフラップの故障を引き起こすメカニズムであるか、またはその逆であるかどうかは不明だ。

F1スペインGPレース後のスピーチで、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、この問題はRB18のこのエリアで軽量化を図ったことで、より柔軟なウィングが損傷を受けやすくなった可能性があることを示唆した。

「もちろん、我々はあらゆるオンスのパフォーマンスを追いかけており、重量も要因だ」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「おそらく、私たちはそこであまりにも野心的だった。だが、我々はフィックスしたと考えていたため、問題が何であるかを正確に理解する必要がある。残念ながら、それはレース全体のために信頼できる修正であるとは証明されなかった」

レッドブルのDRS問題の最初の兆候は、マックス・フェルスタッペンが予選中にラインへのランでウィングフラップを開くことができなかった昨シーズンのオランダグランプリで現れた。その週末にはそれ以上の問題はなかったが、予選とレースセッションの間の修理の実行は、2021年の最後の数回のグランプリで実行中のテーマになっていた。

また、これらの最後の数レースでは、DRSが展開されたときに、DRSフラップとメカニズムの障害が上部フラップの羽ばたきを伴っていたことも指摘された。これは、スペインでも実際に見られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP