レッドブルF1、ペレスにセンサー故障が発生「ホンダと再発防止に努める」 / マイアミGP 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1マイアミGPのある段階でセルジオ・ペレスのエンジンのセンサーが故障したことでリタイアに「非常に近い」状態だったとし、ホンダ(HRC)と協力して再発防止に努めていくと語った。

セルジオ・ペレスは、F1マイアミGPで3位表彰台をかけてカルロス・サインツを追っていたが、重要な局面でセンサーにトラブルが発生してパワーを失った。

「センサーの問題だったと思う」とセルジオ・ペレスは説明した。

「うまく機能していたけど、センサーの問題が発生したとき、2周で約30秒を失ってしまった。とにかく貧弱なレースだった」

レース後半のセーフティカー導入により、セルジオ・ペレスはサインツに接近することができた。ペレスはターン1でサインツを追い抜こうとして失敗し、その後は後退して4位でフィニッシュした。

「DRSを使っても、カルロスに近づくことはできなかった」とセルジオ・ペレスは語った。

「ストレートでの損失はかなり厳しかった。コーナーで彼の近くにとどまるために本当に一生懸命にプッシュしていた。タイヤがオーバーヒートしていたので、機会があったときにすぐに実行に移した。オフラインは汚れすぎていた。その後は近づくことができなかった」

レッドブル・レーシングは、技術的な欠陥により、今年すでに3回のリタイアを経験している。セルジオ・ペレスは、チームがさまざまな問題に直面し続けていることを懸念している。

「僕たちは毎回さまざまな問題と戦っているので、一生懸命働き続ける必要がある」とセルジオ・ペレスは語った。

「幸いなことに、僕たちはなんとかレースを終えることができた。ある時点で、それは本当に終わりに近かったと思う」

レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスはある段階でリタイアに「非常に近かった」と語った。

「シリンダーの1つにあるセンサーに問題があった」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「それによって彼は多くのトラックタイムを失った」

「スタッフはなんとかセンサーを動かしたが、その結果、彼はおそらく20キロワットの電力を失っていた。それにより、彼が持っていた新しいタイヤのアドバンテージがあっても、ストレートスピードで車の本来の実力から0.5秒遅れていた。それがなければ、彼はおそらく今日2位さえ可能だっただろう」

「HRC(ホンダ)と緊密に連携し、このようなことが今後発生しないように理解していかなければならない」

レッドブル・レーシング F1 ホンダ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1