レッドブルF1育成のユーリ・ヴィップス 「ヘルムート・マルコへの世間の認識は間違っている」
レッドブルF1の育成ドライバーであるユーリ・ヴィップスは、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコの仕事へのアプローチは、外部の人々が考えているものとは異なると考えている。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1のジュニアチームのメンバーと頻繁に連絡を取り合っている。現在、F1下部組織にはユーリ・ヴィップスを始め、F2に参戦するリアム・ローソン、ホンダの育成ドライバーでもある岩佐歩夢などが所属している。

ヘルムート・マルコのレッドブル・ジュニアチームのメンバーへの評価は冷酷だと評されることが多いが、ユーリ・ヴィップスはヘルムート・マルコとの作業経験は、外部の認識とは異なると考えている。

「彼は人々が思っているよりもシンプルだ」とユーリ・ヴィップスはFormula1.comに語った。

「彼はプレッシャーをかけるけど、うまくやっていれば、彼はとても素晴らしくて、とても率直だ。パフォーマンスを発揮すれば、すべて良好だ」

ヘルムート・マルコとレッドブル・ジュニアチームがナンセンスなアプローチを取っているというイメージは、 F1やジュニアカテゴリーでの過去のラインナップの変更から生まれた可能性がある。

過去数年で、多くのレッドブル・ジュニアドライバーがF1に到達し、以前はトロロッソ(現アルファタウリ)でレースをした。

しかし、スコット・スピード、ハイメ・アルグエルスアリ、ジャン・エリック・ベルニュなど、多くのドライバーは、チームとの短い期間の後、F1での居場所を失っている。

また、レッドブルは、2019年にピエール・ガスリーをレッドブル・レーシングからトロロッソに降格させるなど、いくつかの突然のドライバー変更で悪評を築いている。2016年にはダニール・クビアトも同じ運命をたどった。

ユーリ・ヴィップスは、レッドブルF1がチームに最高の才能だけを抱えていることを保証するために正しいアプローチを取っていると信じている。

「それがレッドブル・ジュニアチームだ。うまくいかなければ追い出されるかもしれないけど、うまくいけばF1に到達できる」とユーリ・ヴィップスは語った。

「確かに彼らは人々を捨てる。でも、なぜF1にふさわしくないドライバーを維持し、お金を支払いたいと思う?」

「彼らは最高の才能だけを望んでおり、それは正しいアプローチだと思う。彼らは最高の人材を維持し、チャンスを与えてくれる」

また、ユーリ・ヴィップスは、レッドブルF1の育成プログラムに所属することで得られる財政的支援にも感謝している。

「レッドブルがいなければ、レースを続けることはできなかった」とユーリ・ヴィップスは付け加えた。

「僕にこの機会を与えてくれたのは彼らだ」

ユーリ・ヴィップスとヘルムート・マルコ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル