レッドブルF1首脳 「マックス・フェルスタッペンは父親の過ちの恩恵を受けた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ヨス・フェルスタッペンが自身のF1キャリアで比較的成功を収められなかったことが、F1ワールドチャンピオンの栄冠を手にしたマックス・フェルスタッペンが有害な判断ミスを犯さないようにすることに役立っていると語る。

ヨス・フェルスタッペンは、1994年にミハエル・シューマッハのチームメイトとしてベネトンでF1デビュー。シューマッハは初のF1ワールドチャンピオンを獲得したが、フェルスタッペンは2回の表彰台フィニッシュでランキング10位でシーズンを終えた。

その後、ヨス・フェルスタッペンは、フットワーク、シムテック、スチュワート、ティレル、アローズ、ミナルディと渡り歩き、106戦に出場したが、最終的にF1を離れるまで挽回することはなかった。

しかし、ヘルムート・マルコは、この父親の成功の欠如が、24歳ですでにF1タイトルを獲得している息子のマックス・フェルスタッペンに間接的に利益をもたらしていると考えている。

「最初からそれを見る必要がある。彼の父ヨスは成功したF1ドライバーであり、速いドライバーだった」とヘルムート・マルコはServusTVに語った。

「彼は、間違いを避けるために、すべての知識を使って息子を育てた」

マックス・フェルスタッペンは、チーム移籍を繰り返して成功を収めることができなかったが、ヘルムート・マルコは、長期的な焦点に切り替えることができた結果、マックス・マックスがF1タイトルに挑戦できないマシンで数年間を過ごした後、最終的にチャンスを得ることができたと考えている。

「うまくいった」とヘルムート・マルコは語り、ヨスとマックスが「徐々にタイトルに向けて取り組んだ」ことで、レッドブルF1への長年の忠誠の集大成を示したと説明した。

しかし、それは必ずしも単純な航海ではなかったヘルムート・マルコは明らかにし、レッドブルがマックス・フェルスタッペンを育成し始めたとき、ヨス・フェルスタッペンの実践的なアプローチは理想的ではなかったと言った。

「最初は少し難しかったが、その後、彼は後部座席に着いた」とヘルムート・マルコは語り、レッドブルとフェルスタッペン・ファミルトとの関係は今やでは調和していると語った。

マックス・フェルスタッペンは、F1アブダビGP後に“永遠”にレッドブルに留まりたいと語っており、最近、ヘルムート・マルコは、2023年までの現行契約を延長する交渉をフェルスタッペンと開始する予定であることを明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン