レッドブルF1首脳、敗北を認めたメルセデスF1を称賛「壮大な意思表示」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1アブダビGPの結果に対して上訴を進めないことを決定したメルセデスF1を称賛した。

セーフティカーの処理が物議を醸した最終戦でのマックス・フェルスタッペンの勝利に続いて、メルセデスF1はスチュワードに2つの別々の抗議を提出した。

1つは、セーフティカーが最終ラップで撤収する前にマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを「追い抜いた」との主張。2つ目は、最後から2周目のラップでのセーフティカーの撤収の処理に関連してたものであり、メルセデスF1は、スチュワードに最終ラップではなく、セーフティカーラップの終わりの結果に基づいて順位を決定するという競技規則を適用ように促した。

しかし、スチュワードは両方の抗議を棄却。その後、メルセデスF1は上訴を提出するつもりであることを示唆したが、最終期限となった木曜日に上訴を進めないであろうことを発表。マックス・フェルスタッペンが2021年のF1ワールドチャンピオンであることが確定した。

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1が上訴を取り下げるという決定を歓迎し、ルイス・ハミルトンがレースの最後の瞬間にタイトルを失った後、彼らがどのように感じているを理解できることを認める。

「これはメルセデスの壮大な意思表示であったとしか言えない」とヘルムート・マルコはLa Gazzetta dello Sportに語った。

「ハミルトンは間違いなく運が悪かったが、我々もシルバーストン、ブダペスト、バクーでそうだった。これがレースというものだ。しかし、失望は理解している」

F1アブダビでGPのレース最終ラップのセーフティカー期間中に行われた決定は論争となり、手順に変更を加える必要があるかどうかについて多くの議論が行われた。

FIA(国際自動車連盟)は、ヤス・マリーナ・サーキットで起こったことについて「詳細な分析」が行われることを確認している。

ヘルムート・マルコは、F1アブダビGPに続いてその役割が精査されているF1のレースディレクターであるマイケル・マシの肩にかかるプレッシャーを軽減すべきだと考えている。

「新しいFIA会長は、マシを助ける新しいシステムを考え出さなければならないだろう。彼はそれを一人ではできないからだ」とヘルムート・マルコは語った。

「現時点では、彼の肩に過度のプレッシャーがかかっている。たとえば、チームマネージャーやチームボスがレース中に直通でマシと話せなくなるはずだと思う」

「さらに、ルールを簡素化する必要がある。我々またはメルセデスのどちらかを不快にさせる決定が多すぎた。判断をより均一にする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス