レッドブルF1首脳 「セルジオ・ペレスとの契約は正しい決断だった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスはチームが彼と契約することが“正しい決断”だったことを証明したと考えている。

今年、レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスだが、予選ではほぼ毎週末でマックス・フェルスタッペンが優位に立っていた。だが、レースでは持ち前の粘りず良い走りを見せ、フェルスタッペンを援護射撃。

F1アゼルバイジャンGPでレッドブル・ホンダF1移籍後初勝利を収めたセルジオ・ペレスは、シーズン後半にチームに感銘を与えるパフォーマンスを見せて2022年の契約を獲得した。

ヘルムート・マルコは、F1アブダビGPでルイス・ハミルトンを抑えたセルジオ・ペレスの仕事を称賛。これにより、マックス・フェルスタッペンはハミルトンとの差を縮め、結果的にファイナルラップでの逆転劇に繋がった。

「チェコには浮き沈みがあった」とヘルムート・マルコはFormel1.deに語った。

「弱点の1つは予選だった。8番目、9番目、または11番目からのスタートでは、マックスをサポートできるようになるまでに時間がかかりすぎる。つまり、アンダーカットの可能性がなくなってしまう」

「しかし、アブダビで彼は理想的な仕事をしたし、マックスがこの勝利を得ることを大いに助けた。彼がハミルトンを抑え、ペレスを抜くのに長い時間がかかったトルコでの同様の状況も覚えている」

セルジオ・ペレスがアレクサンダー・アルボンの後任として確認される前、彼もしくはニコ・ヒュルケンベルグがシーズン終了後にアルボンのポジションを獲得する可能性があるという話が渦巻いていた。

ヘルムート・マルコは、ニコ・ヒュルケンベルグにもレッドブルF1でシートを獲得する可能性があったことを認め、当時、セルジオ・ペレスの予選パフォーマンスは基準に達していなかったと認める。

とは言え、ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスをマックス・フェルスタッペンのパートナーに選んだことは成功だったと感じている。

「ヒュルケンベルグをマシンに乗せたわけではないので、言うのは難しいです。しかし、ペレスはすべてが彼にとって正しいとき、信じられないほどの経験を持っていることを示した、そして、多くのレースでマックスで運転した」

「スタートポジションが悪かったため、それが効果を発揮したが、全体としては正しい決断だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス