クリスチャン・ホーナー 「トト・ヴォルフに媚びへつらう必要はない」 F1カタールGP 金曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2021年のタイトルを賭けたメルセデスとの戦いのなかで、ライバルチームの代表であるトト・ヴォルフと“リレーションシップ(人間関係)は必要ない”と語る。

クリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフは、F1カタールGPの金曜記者会見に揃って出席。最近のコース内外のバトルについて議論に発展した。

ちょうど二人の記者会見中、メルセデスF1が再審を請求したマックス・フェルスタッペンの防御はFIA(国際自動車連盟)によって棄却された。

シーズンのこの段階でのメルセデスとレッドブルの関係について質問されたクリスチャン・ホーナーは「リレーションシップはない。あるのは競争だ」とコメント。

「先週のスプリントレース後のトトの意見をチームラジオで聞くのは面白かった。チャレンジしたのは初めてだと思う。プレッシャーの下で人々がどのように反応するか、彼らが挑戦する立場になったときにどのように反応するかを見るのは興味深い」

「このスポーツで我々の時代に進化してきたのは、これまでで最も激しい政治的タイトル争いだ」

クリスチャン・ホーナーは、自分とトト・ヴォルフとの間に「リレーションシップがない」という発言について、また、メルセデス、そして、チームが達成してきたことを尊重しているかどうかと質問された。

「リレーションシップとリスペクトは2つの異なるものだと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「もちろん、メルセデスが達成してきたこと、ルイス・ハミルトンが達成してきたことすべてをリスペクトしているが、トトと夕食に行く必要はない。そして、媚びへつらう必要もない」

「他にもチームプリンシパルがいるが、私の観点では、それは競争だ。我々がこの立場にいることは素晴らしいことだと思う」

「このスポーツはこのから大きな勝者が生まれる。今からシーズンの終わりまでハードでフェアな戦いができることを願っている」

トト・ヴォルフもまた、レッドブルに対する彼のリスペクトについて語りながら彼の見解に耳を傾けたが、2チーム間の戦いがシーズンの間にどのように激化したかに注目した。

「レッドブルでは多くの素晴らしい人々が働いており、もちろん、メルセデスでも多くの素晴らしい人々が働いている。それは戦いの地獄だ」とトト・ヴォルフは語った。

「レッドブルの能力をリスペクトしている。タフな相手であるのは明らかだ。これはモーターレースで最高峰のカテゴリーのチャンピオンシップであり、オリンピックボクシングがプロボクシングに移り、現在はMMA(総合格闘技)だ。だが、そこはOKだ」

「我々はそのリングに上がり、可能な限りベストな仕事をしようとしている。ルールがそう言っているので、今は肘も使っているし、グローブも外している。他に何も期待されていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス / F1カタールGP