レッドブル・ホンダF1 分析:リアサスペンションの特性が有利に働く / F1アメリカGP 予選
F1アメリカGPの予選は、メルセデスよりもレッドブル・ホンダF1のマシン特性の方がサーキット・オブ・ジ・アメリカズには合っていることが実証されたセッションとなった。

今週末、F1トルコGPでのメルセデスW12のリアビュー映像が公開され、ストレートでリアの車高を下げてディフューザーをストールさせてダウンフォースを減少させて直線スピードを得ている仕組みが明確になった。

だが、多くの人々が想定していたほど“ディフューザーストール”は魔法のデバイスではないことが明らかになった。

F1アメリカGPの予選では、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを0.209秒上回った。ハミルトンは3番手のセルジオ・ペレスに0.015秒差まで迫られた。

では、なぜ、トルコとアメリカで競争力がそこまで異なったか? メルセデスのディフューザーストールは、イスタンブールよりもオースティンで価値が低かったのか? 何がレッドブルに有利に働き、メルセデスに不利になったのか?

「それは少し驚きだったかもしれない」とマックス・フェルスタッペンも語る。「でも、シーズンを通して少し揺れ動いているのをはっきりと見ることができる」

「幸いなことに、それはまだそれが起こっている。もちろん、今日のパフォーマンスには満足している」

「また別のストーリーになるかどうかは明日のレースで分かる。もちろん、次のレースでも動くだろう。週末に向けて有利に見えても、また別のストーリーになる可能性がある。細部に注意を払って、仕事をしていく必要があり」

「かなり拮抗しているので、1つの小さな詳細を逃したり、何らかの理由でそれをまとめることができなかったりすると負けることになる。それがたとえばトルコで僕たちに起こったことだ」

最後の言葉には、ここで提起された質問に対する回答の最も重要な部分が含まれている。レッドブル・ホンダはトルコで大幅にアンダーパフォームしていた。

メルセデスは、これまでのシーズンよりも他のフィールドに比べて速くはなかった。実際にはわずかに遅くなっていた。はるかに大きな要因は、レッドブル・ホンダの方がイスタンブールでかなり苦労していたことだ。トルコでは通常は快適にアウトパフォームしているフェラーリよりも苦戦した。

F1トルコGPでは、マックス・フェルスタッペンは、週末を通してアンダーステアのバランスに苦しんでおり、タイヤを適切に機能させられなかった。

「ターマックと関係があると思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「タイヤの挙動に大きな違いがあり、それが大きな差を生む」

イスタンブールのアスファルトは非常にグリップが高く、フロントよりもリアのグリップが大幅に向上し、レッドブル・ホンダは他のほとんどのマシンよりもバランス面でスイートスポットを大きく外した。

レース当日にはリアタイヤのデグラデーションが予想されるため、リアウィングを減らしてアンダーステアを調整することに消極的だった。そのせいもあって、ポールからスタートしたバルテリ・ボッタスと0.2秒のペースを維持するのがやっとだった。

今週末のオースティンのタイヤチャレンジはまったく異なる。特に路面温度が異常に高い場合、路面はグリップが低くなります。そして、非常にバンプが多いことが特徴だ。ここで2台のマシンのリアサスペンションの特性に違いが出た。

ハイレーキカーであるレッドブル・ホンダは、リアサスペンションをメルセデスよりもやや柔らかく走らせる傾向がある。それはバンプと縁石で恩恵であり、ターン11では、硬いセッティングのメルセデスがホイールスピンをさせていたのに対し、レッドブル・ホンダは優れたトラクションを生んでいた。それは最終コーナーも同様だ。

メルセデスの本質的に低いドラッグとシルバーストーンのアップグレード以来の強化されたディフューザーストールは、はるかに速い直線スピードからわかるように、依然として強力に機能していた。ターン12のブレーキングゾーンの直前のバックストレートのスピードトラップでは、ルイス・ハミルトンは時速200.9マイルで4番目に速く、セルジオ・ペレスとマックス・フェルスタッペンは約3マイル遅く、17番手と18番手だった。

しかし、レッドブルはターン11の出口からストレートにむけてより速く立ち上がっていた。それはストレートの始まりから終わりまでのタイムであり、ストレートの終わりの速度よりもはるかに重要だ。この比較ではメルセデスのゲインは比較的小さかった。

メルセデスは、セクター2(バックストレートを含む)を介してレッドブルよりも一貫してわずかに速かったが、0.1秒未満だった。レッドブルはセクター1と3で取り戻すことができている。

セクター1の重要な差別化セクションは、ターン3~6の高速S字の速度だ。最終Q3ラップでのマックス・フェルスタッペン(149mph)とルイス・ハミルトン(148mph)のそれぞれの出口速度に反映されているように、ここがレッドブルが明らかに優れていた場所だ。

シルバーストーンで導入されたバージホードとフロアエッジ周りの変更によって可能になったメルセデスの強化されたディフューザーストールは、W12の直線スピードを強化することによって貴重な追加のパフォーマンスを提供したが、もたらすメリットはトラックごとに異なる。

オースティンの高速S字シーケンスとターン16/17/18の長区間のクイックシーケンスは、レッドブルのより高いダウンフォースに有利だ。メルセデスはそれに数字を付けることに気が進まないが、レイアウトはイスタンブールよりもそのストールの利点に少し不利であると感じている。

しかし、それでも、それはまだ2台のマシンの間の差は僅差であり、レッドブルが劣勢でスタートし、週末が進むにつれて前にでただけで十分に拮抗している。それはレースでは逆の方向に戻る可能性さえある。

「僕たちは少し苦労した」とルイス・ハミルトンは語った。

「Q1から後退したように感じた…改善するためにさまざまなことを試みた。その中ですべてが本当に良いラップだったと思いうけど、それで十分だったかどうかは分からない」

「僕たちが遅くなったのか、彼らが速くなったのかは分からない。彼らは非常に速かった、そして、それは彼らが2台ともすぐそこにいるという事実によって示されている」

オースティンの予選は、メルセデスとレッドブル・ホンダとの間のシーソーのバランスが継続していることを示唆している。したがって、トルコで心配されていたメルセデスの圧倒的有利という展開にはならなそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1アメリカGP