レッドブル・ホンダF1 分析:COTAでは予選・決勝ペースでメルセデスと互角 / F1アメリカGP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダF1は、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでは、前戦F1トルコGPほどメルセデスに明確なアドバンテージは与えていないようだ。

F1アメリカGP初日は、メルセデスとレッドブル・ホンダのパフォーマンスにほとんど違いが見られなかった。両チームはトルコとは異なり、ストレートでもかなり均等にマッチしていた。

マクラーレンのダニエル・リカルドは、気温が高く、突風が吹き、バンピーなトラックの課題について「トラックのグリップレベルが非常に低いため、他の誰よりも苦労しないことを目的としていた」と要約している。

そのため、誰もがロングランでのタイヤの温度で走っていた。つまり、最速と最遅とのギャップは、通常よりもパフォーマンスの広がりが少なかった。

誰が実際に最速だったかを特定するのは簡単ではない。ルイス・ハミルトンはFP2の最速シングルラップを設定したが、ターン9でのトラックリミット違反のために抹消されている。次のベストラップは3番手タイムとなり、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがトップ、マクラーレンのランド・ノリスが2番手に続いた。

しかし、ルイス・ハミルトンの抹消されたタイムは、セルジオ・ペレスよりもわずか0.104秒速いだけだった。

これは
a)最初のセッションで見られた0.9秒のメルセデスのアドバンテージはレッドブルよりもアグレッシブなエンジンモードによるもの
b)セルジオ・ペレスがシーズンで初めて適切にペースを上げた
のどちらかだ。

チームメイトのマックス・フェルスタッペンは、トラフィックのためにソフトタイヤでアタックできなかったが、ミディアムでもセルジオ・ペレスを0.1秒下回っていた。そして、ルイス・ハミルトンは、ターン1でコース上のスペースを取り合い、中指を立ててフラストレーションを露わにした。

しかし、全体像を見ると、マックス・フェルスタッペンには楽観的な理由がある。トルコとは異なり、レッドブル・ホンダは少なくともここではロングランとショートの両方でメルセデスに匹敵する競争力があるように見える。

ロングランでは、ルイス・ハミルトンは快適に最速の平均を設定したが、それは誤解を招くマージンだ。フロントウィングフラップ調整のために4ラップでピットインして、ラップを中断しているためだ。サーマルデグラデーションがパフォーマンスの主要なメカニズムであるトラックでは、このようにタイヤに短い休息を与えると、平均が大幅にフラットになる。

ルイス・ハミルトンと同じミディアムコンパウンドでのマックス・フェルスタッペンの10周の走行は、より代表的なスティントサンプルだった。それらの平均間の0.5秒の違いは、ミディアムにタイヤの休息を与えることによって生じる差の典型的なものだ。

バルテリ・ボッタスに目を向けても、直接比較することはできない。ボッタスは、走行の最初の数周で楽観的すぎるペースでタイヤを酷使し、7周のスティントの最後の3周で1周あたり2秒を落としていた。

だが、そのバランスポイントを見つけることがプラクティスのすべてでもある。

マクラーレンのランド・ノリスがは「デグラデーションが多いので、かなり速く走ることができ、ペースは良く見えるけど、突然グリップがなくなる」と要約している。

マクラーレンとフェラーリはどちらも、ミディアムとソフトの間でロングランのタイヤの選択を分割し、2台のマシンは非常に均等にマッチしていたが、まったく異なる方法でパフォーマンスを発揮していた。

ダニエル・リカルドのソフトでの平均は、ルイス・ハミルトンの平均と同じように、ミッドスティントのピットストップを挟んだ。フェラーリは、カルロス・サインツが、ミディアムのシャルル・ルクレールよりもソフトでわずかに速かった。しかし、どちらのマシンも、メルセデス/レッドブルの約0.5秒以内にレースペースでラップできており、アルファタウリとアルピーヌから快適に離していた。

アストンマーティンは通常よりもわずかに競争力があるように見えるが、セバスチャン・ベッテルの平均は、2回目のスティントの燃料搭載量によるものだ。ベッテルは、ハードタイヤでの最初のスティントでシミュレーションを行った。これは、PU交換ペナルティによって最後尾からスタートすることを考えると論理的だ。その後、ミディアムに交換したときには約30kg軽かった。

歴史的にここでは通常そうであるように、一般的にタイヤデグラデーションが高いために2ストップレースになると考えられる。異常に高い温度、粗い路面、バンプがそれをさらに確実にしている。

「路面は以前よりも粗くなっている」とルイス・ハミルトンは語った。

「タイヤの温度を維持するのは大変なことだ。ほとんど不可能なので、おそらく以前にここで経験したよりも多くのデグラデーションがある」

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンと同じようにレースの見通しについて少し慎重だ

「いくつか変更を加えたけど、P2では満足できなかった。それでも、それほど悪いペースではなかったけど、僕たちはいくらかの順位を失っていた」

F1アメリカGP FP2 ロングラン比較
 ドライバー平均タイムタイヤ周回数
1ルイス・ハミルトン1分41秒176Mediums7 laps*
2マックス・フェルスタッペン1分41秒771Mediums10 laps
3セバスチャン・ベッテル1分41秒817Mediums10 laps
4セルジオ・ペレス1分41秒864Mediums10 laps
5ダニエル・リカルド1分42秒186Softs6 laps*
6フェルナンド・アロンソ1分42秒200Mediums7 laps
7バルテリ・ボッタス1分42秒211Mediums7 laps
8カルロス・サインツ1分42秒322Softs7 laps
9ランド・ノリス1分42秒339Mediums7 laps
10シャルル・ルクレール1分42秒424Mediums8 laps



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1