レッドブルF1代表 「マックスは早い段階でボッタスの前に出ることが不可欠」 F1トルコGP 予選
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1トルコGPの予選を振り返った。

メルセデスが1-2で終えたF1トルコGPの予選で、マックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは7番手だった。エンジン交換のルイス・ハミルトンが10グリッド降格ペナルティを受けるため、フェルスタッペンはボッタスに並ぶフロントロー2番グリッド、ペレスは6番グリッドからスタートする。

「彼らは一晩で良いリカバリーを果たし、我々が解決する必要のあるいくつかの問題を修正してくれた。トラックサイドとミルトンキーンズのファクトリーの両方のエンジニアリングチーム全体が、我々が果たした進歩を遂げるために素晴らしい仕事をしてくれたと思う」

「マックスは予選で3番手だったが、2番手からレースをスタートする。良いスタートを切り、早い段階でボッタスの前に出ることが重要になる。ここでルイス(ハミルトン)はシーズンこれまで最速にように見えるし、かなり素早く通り抜けてくるだろうからね」

「スクラブタイヤとミディアムタイヤでのチェコのタイムは強力だった。ただ、新品のソフトタイヤでの最後の走行だけがまとまらなかった。我々が彼のために選択した戦略により、彼は良い進歩を果たせるはずだ」「

「明日は予選よりもメルセデスに近づくことができると思うので、仕事に懸命に取り組み、コツコツとやり続け、戦略を正しくし、両方のドライバーに可能な限り最大のポイントを獲得する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP