レッドブルF1代表 「フェルスタッペンとハミルトンは同等の制裁に値する」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イタリアGPで両者リタイアとなったマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは“同等の制裁に値する”と考えている。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、モンツァのシケインで衝突して、フェルスタッペンのマシンがハミルトンの頭上に乗り上げる形でグラベルで両者はリタイアとなった。

スチュワードはインシデントを調査し、マックス・フェルスタッペンに主な過失であると判断して、次戦F1ロシアGPで3グリッド降格ペナルティを科した。

これは、マックス・フェルスタッペンだけがリタイアし、ルイス・ハミルトンに10秒ペナルティが科せながらも優勝したシルバーストンでの接触に続く、タイトル争いの主役2人により2回目の接触となった。

「追い越しが難しいため、どちらのドライバーも先行する必要があることを知っていた」とクリスチャン・ホーナーはレッドブル・レーシングのコラムに書いた。

「マックスは勢いを掴むことに熱心で、ルイスはトラックの位置を維持することに熱心だった」

「厄介なシャントだったが、両方のドライバーはすぐに彼らが無事であることを確認することができた」

「ルイスがリナースに入れてレースに復帰しようとしたため、メディカルサカーでさえ展開の必要性を認識していなかった」

「ヘイローが仕事をしてくれたことに感謝している。最も声高な疑惑者でさえ、今ではヘイローについて考えを変えたと思う」

「私は今日でも同じ信念を共有している。どちらもその役割を果たしており、一方の側にもう一方の側よりも責任を割り当てることは困難だ」

「FIAが声明を出したいのなら、両方のドライバーに同じペナルティを課すことができたが、マックスの側に過失がると見なされた。彼はレースを終えなかったので、唯一の選択肢は彼にグリッドペナルティを与えることだった。我々はこれは受け入れている」

それにもかかわらず、クリスチャン・ホーナーは、最近のグランプリにおけるレッドブル・ホンダのパフォーマンスに活気づけられている。

「我々は、F1内だけでなく、何世代にもわたってスポーツ界で、偉大なライバルの1つを目の当たりにしている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それは激しく、危険の度合いは高い。非常に激しい競争であり、どちらかが戦わずに何かを諦めることはない」

「また、我々の観点では、世界選手権のために戦う競争力のあるポジションに戻ることは非常に楽しいことだ」

「結局のところ、メルセデスのマシンが今年のこの段階でチャンピオンシップをリードしていなかったのはいつ以来か?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン