レッドブルF1代表、2台を潰され皮肉 「ボッタスは素晴らしい仕事をした」 / F1ハンガリーGP 結果
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2台のマシンが衝突に巻き込まれたF1ハンガリーGPでメルセデスのために「ボッタスは良い仕事をした」と皮肉った。

セルジオ・ペレスは、1コーナーでバルテリ・ボッタスに衝突されてリタイア。マックス・フェルスタッペンは、ボッタスに追突されてコントロールを失ったランド・ノリス(マクラーレン)にぶつけられてRB16Bに酷いダメージを負った。

マックス・フェルスタッペンは10位でフィニッシュしてポイントを獲得することができたが、ルイス・ハミルトンがドライバーズチャンピオンシップで彼を追い抜くのを止めることはできなかった。

「レースの残忍さというやつか?」とレース後、クリスチャン・ホーナーは語った。

「残念だが、バルテリはスタートがよくなかった。彼は明らかにブレーキングを誤って判断し、メルセデスのために2台を道連れにする素晴らしい仕事をした」

接触はレッドブルの2台のマシンに「かなりの量の損害」を引き起こし、セルジオ・ペレスは衝突でパワーユニットに損傷を負い、シーズン後半にエンジン交換ペナルティのリスクに晒された。

「セルジオのエンジンを失い、マックスは大きく危険に晒された」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「メカニックはあのマシンを再び走らせるために驚異的な仕事をしたと言わなければならない。流体のために、パイプのいくつかをまっすぐにするだけでも信じられないほどの反応だった」

「マックスは半分のマシンで走った。バージボードの右側全体を失っていた。それは我々にとって残酷なことだが、チームはマシンをそこに戻すためにうまくやってくれたと思う。マックスはあの1つのポイントのために戦った。。それはシーズン終盤に重要になってくるかもしれない

レッドブル・ホンダF1が、メルセデスに衝突に見舞われたのは2戦連続となる。マックス・フェルスタッペンはドライバーズチャンピオンシップでルイス・ハミルトンに6ポイント差をつけられ、レッドブル・ホンダF1としてはメルセデスに10ポイント差をつけられた。

レース終了時にセバスチャン・ベッテルがマシンの燃料サンプル不足での失格が確定した場合、ギャップはさらに拡大する可能性がある。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダが夏休み後に戦いに戻っると宣言した。

「夏休みに入るが、1位と2位ポイント差は範囲内にある」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「ここ数レースは非常に不運だった。それは損傷と部品とエンジンにかなり残酷だった」

「だが、我々は自分自身をプッシュし、このチャンピオンシップ後半のために戦っていく。明らかに厳しい数週間だったが、今目にしているように物事は非常に迅速に好転する可能性がある。そして、チャンピオンシップはまだ長い道のりだ」

バルテリ・ボッタスは、次戦F1ベルギーGPで5グリッド降格ペナルティを科せられた。だが、クリスチャン・ホーナーは、ハンガロリングよりもオーバーテイクがはるかに簡単なスパ・フランコルシャンでそれが重大なハンディキャップにはならないのではないかと疑っている。

「ペナルティはそれが現実だ。残念ながら、もし、それがこのようなトラックだったら、もう少し重要だ。スパのようなトラックは、彼は2周目の終わりまでに元の位置に戻ると思う」

「メルセデスが・・・彼は今日、彼らのために良い仕事をしたと思わないか?」

トト・ヴォルフから謝罪を受けたかと質問されたクリスチャン・ホーナーは「彼は請求書を支払ってくるのか?」とコメント。

「トトがマシンを運転していたわけではない。彼のドライバーがマシンを運転していた。彼が彼らに『レッドブルに激突しろ」とは言っていないと確信している。彼は結果を見てそれほど残念ではなかったと思うが、バルテリにそうするように言っていないと確信している」

「だが、我々にとっての結果は残酷であり、コスト上限の環境にある。FIAは検討する必要があると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1