レッドブルF1がメルセデスとのフェルスタッペン争奪戦を制した方法
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、どのようにしてメルセデスを打つ負かし、驚異的な才能を持った16歳のマックス・フェルスタッペンとの契約を勝ち取ったのかを説明した。

カートの“情報網”がマックス・フェルスタッペンのポテンシャルを検知した後、ヘルムート・マルコとニキ・ラウダとの間での争奪戦となった。

この戦いに勝ったのはレッドブルであり、マックス・フェルスタッペンは、17歳の誕生日から6か月も経たないうちにF1オーストラリアGPで“姉妹”チームのトロ
・ロッソでF1最年少デビューを果たした。

わずか14か月後、マックス・フェルスタッペンはレッドブルのシニアチームに昇格し、F1スペインGPのチームとのデビュー戦で目覚ましい勝利を収め、F1で最年少ラップリードし、表彰台獲得、そして、ウィナーの記録を同じ日に更新した。

23歳になったマックス・フェルスタッペンは、2021年のドライバーズランキングをリードしている。クリスチャン・ホーナーは、2014年にフェルスタッペンと契約することがどれほど激しい闘争だったかを振り返った。

「カートの情報網とコミュニケーションを取っている連絡先を通して最初にマックスのことを認識した」とクリスチャン・ホーナーは The Sun に語った。

「しかし、彼の才能が突然際立ったのは、彼がF3に入ったときだった」

「それはシルバーストンでの彼の最初のレースだった。ジュニアレースをまったくしておらず、当時は大きなステップと考えられていたF3に直接飛び込んだ男が、突然フロントを走り、レースに勝った」

「それに彼は従来のフロントランニングチームに属していないマシンでそれを行っていた」

「そのことで、彼が将来の潜在的なスターであることが明らかになり、その時点で、レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコは彼がやっていることにより注意を向け始めた」

「2014年にホッケンハイムで私はヘルムートと夕食に行った。彼はニキ・ラウダがどのようにしてメルセデスがマックスに契約しようとしているかについて話した。そして、彼は私に私の考えを尋ねた。

「それを知った私は『絶対に獲りに行こう。それはメルセデスは彼に提供できないものだ』と言った」

「ニキは懸命にプッシュしていた。彼の獲得は、ややニキとヘルムートとのオーストリアのプライドを賭けた戦いだった」

「我々もアドバンテージは、トロロッソのコックピットを利用できたことと、そのリスクを冒せたことだ」

「それで我々は契約に同意した。そして彼が鈴鹿でのF1日本GPで最初のプラクティスで運転するためにその年の後半に最初にマシンに乗った瞬間から彼はセンセーショナルだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / メルセデス / マックス・フェルスタッペン