レッドブルF1代表 「チーム代表のスチュワードへのロビー活動は禁止すべき」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、スチュワードが意思決定をしている最中に競合他社からロビー活動を受けることは「容認できない」と語る。

クリスチャン・ホーナーが腹を立てているのは、先週末のF1イギリスGPでのルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの衝突についての審議中に、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフはスチュワードと話をしていたことだ。

トト・ヴォルフjは、F1レースディレクターのマイケル・マシからチーム無線でスチュワードと話をするようにアドバイスされた後、クリスチャン・ホーナーは自分のチームの意見が無視されないように自分もそこに加わった。

だが、クリスチャン・ホーナーは、そのような議論の中でスチュワードに直接チームがアクセスすることは許可されるべきではないと考えている。

「スチュワードにロビー活動をしているトトを見て、彼がそこに行くと聞いたので、我々の見解が説明されているかを確認しに行った」とクリスチャン・ホーナーはスチュワードで目撃された理由について説明した。

「チームのプリンシパルがスチュワードに行ってロビー活動をすることができるのは正しくないと思う。影響を受けないようにロックする必要がある」

「私にとって、彼がスチュワードにロビー活動をするためにそこに出かけて行ったことは受け入れられなかった。私は、スチュワードに卑劣な判決を下すよう圧力をかけるのではなく、バランスの取れた意見が与えられるようにしたかった」

クリスチャン・ホーナーは、スチュワードには外部の関係者から影響を受ける可能性がなく、完全に孤立して審議を行うことがF1の利益になると考えている。

「スチュワードが邪魔されるべきではないと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼らはそれらの決定を下すことができるように明確な方向性を持っている必要がある」

「トトがそこにいて、新シデントを提起していると聞いたので、スチュワードに会いに行った。公平でバランスの取れたものであることを望んでいる。そして、私は誰もがスチュワードを会うことを許されるべきではないと思う」

しかし、この問題に関するクリスチャン・ホーナーの見解にもかかわらず、F1レースディレクターのマイケル・マシは、スチュワードがチームとの門戸開放政策を持っていることに問題はないと述べた。

「レース後にインシデントが発生した場合は、我々はスチュワードの前にすり合わせをするためにチームとドライバーを招く」とマイケル・マシは語った。

「昨年のモンツァでは、ルイスが何が起こったのかを理解し、全体像を見るためにスチュワードに行って話をしたた。中断中はその能力が存在するので、そうしてはいけない理由はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1