F1代表 「レッドブルF1のエンジン部門はF1の将来の成功の根本を担う」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、レッドブルの新しいエンジン部門は、F1の将来の成功の“根本的”な部分であると語った。

ホンダが2021年末にF1から撤退することを受け、レッドブルはホンダF1のパワーユニット事業を引き継ぎ、ミルトンキーンズの拠点に新たなF1エンジン部門『レッドブル・パワートレインズ』を収容する新しい施設を設立することを決定した。

つまり、レッドブルは、シャシーとパワーユニットの部門をひとつ屋根の下に持つ唯一のエンジンメーカーであるフェラーリに加わることになる。ステファノ・ドメニカリは、すでにF1にとって非常に重要なパートナーであるレッドブルが今やシリーズの未来の“根本的”な部分になると考えている。

レッドブル・パワートレインズについて質問された「根本的なものになる。スポーツの観点から、レッドブルがF1で達成した信頼性を超えて、それは将来に根本的な安定性を与えるパートナーだ」とステファノ・ドメニカリは La Gazzetta dello Sportに語った。

「今後数年間で、シャシーだけでなく、テクノロジーの展望においても、独立したパワーユニットのサプライヤーが、独立したチームのためにパワーユニットの提供を確実に安定させることを保証する形になる。つまり、F1自体にさらに価値を与える」

「メーカーは多くの変数を正しく選択する。それらは非常に重要であり、F1の基本だ。しかし、レッドブルがこの選択を行ったという事実は、技術的な観点から今後数年間で継続したいチームに提案できる提案をさらに特徴づける要素だ。だから、これは素晴らしいことだ」

最近、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、エンジン開発のコストキャップについて話し合いが進行中であることを明らかした。これは現在のシャシーキャップと一緒に機能する。

そして、ステファノ・ドメニカリは、予算上限の導入に続き、F1の戦略の中心にコスト削減を据えることが重要であると述べた。

「F1は、他のスポーツプラットフォームが試みたように、収益の増加を優先することなく、戦略的成長を確立することを決定した」とステファノ・ドメニカリは説明した。

「我々はコストを削減する必要性を中心に据えている。コストを削減することによってのみ、競争し、競争するためのディメンションが何であるかを確実に理解することができる」

「課題は、大規模なチームにとって、コストの制限は、費やすことができる金額に関する制約だけでなく、この問題が発生したことのないチームの作業の一部である運用面に関する制約でもあるということだ。したがって、働き方において、効果は量的でだけでなく、質的なことでもある」

2022年は、F1は完全に再設計された技術規制も導入する予定であり、それが今シーズンのF1チームに大きな課題をもたらしている。

2021年のグリッドは、F1がターボハイブリッド時代に投入して以降、これまでになく密集しており、各チームはいつ新しい2022年マシンに焦点を切り替えるかを慎重に選択する必要がある。

ステファノ・ドメニカリは、2021年の紆余曲折のシーズンをできる限り最後まで続くことを望んでいる。

「課題は、ファンが何に興味を持っているか、そして、グランプリが終了したときに、すでに次のグランプリを楽しみにするための原動力を与えることだ」とステファノ・ドメニカリは語った。

「このような興味深いチャンピオンシップになれば、次のグランプリを見たいと思う」

「だから、私の希望は、スポーツの興味の観点で、新しいマシンの開発にどれだけの時間とリソースを投資するかを短期間で選択しなければならない今日のようなレギュレーションの枠組みの中でチームが最後まで報われることだ」

「今年は、ドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズチャンピオンシップの1位だけでなく、他のポジションにも関心とともに最後まで進むと確信している。新型コロナウイルスにもかかわらず、非常に興味深いシーズンになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1