レッドブルF1首脳、セルジオ・ペレスの2022年の続投を示唆
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーとしてドライバープログラムを統括するヘルムート・マルコは、2022年以降のセルジオ・ペレスの続投を示唆した。

今年、レッドブル・ホンダF1に移籍したセルジオ・ペレスは、序盤は全く異なるタイプのマシンへの適応に苦戦し、「慣れるには5戦は必要かもしれない」と語っていた。

そして、F1モナコGPではフリー走行1回目で今季初めてタイムシートのトップに立つと、決勝ではレース巧者ぶりを発揮して4位。そして、F1アゼルバイジャンGPではフリー走行2回目に再びタイムシートのトップに立ち、決勝ではチーム加入後初勝利を挙げ、まさに有言実行でマシンへの対応ぶりを示した。

そして、セルジオ・ペレスのバクーでの勝利は、1年契約を超えてレッドブル・レーシングでの地位を固めたようだ。

セルジオ・ペレスがチャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンと並んで彼の立場を正当化するのに十分な仕事をしているのかと質問されたヘルムート・マルコは「イエス」と Auto Motor und Sport に語った。

「彼はチームに非常にうまく統合している。彼は非常に優れたチームプレーヤーだ」

ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスにレッドブルにもっと早く慣れるようにプレッシャーをかけていたが、ペレスはバクーの週末を通して速さをみせた.

「彼は常に最前線にいた」とヘルムート・マルコは同意する。

「だが、それはモナコではすでにそうでした。彼はフリーエアを手に入れるとすぐにフェルスタッペンと同じかそれ以上の速さのラップタイムを設定した」

「それはまたオーバーカットを可能にした」

ダニエル・リカルドがチームを去ることを決定して以来、レッドブル・レーシングが苦労していたのは、ポイントを獲得できるセカンドドライバーの役割を満たすことだ。

ヘルムート・マルコは、ペレスが今年の予選で最初は「期待を下回った」が、「それはゆっくりと解決している」と認める。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも、セルジオ・ペレスがこのままの仕事を続けていれば、シートを維持できることを示唆している。

「彼がここ(バクー)を得意としていることは知っていたが、これほどまで優れているとは知らなかった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は週末ずっと速かった。彼はペースを速めている。彼が犯した唯一のミスは、Q3の1回目のそうこうだけだった」

「彼のレースペースは驚異的だった。もし彼が最初のピットストップでマークをズレなければ、彼はマックスをオーバーカットしていただろう。クリーンエアでの彼のペースはそれくらい凄かった。彼にとっては驚異的だ」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ピットシーケンスで前に出た後、メルセデスのルイス ハミルトンを寄せ付けなかったセルジオ・ペレスの走りに特に感銘を受けたと語る。

「彼がルイスから防御し、それをコントロールする方法は、傑出していた。彼がその勝利を手にできたことは、彼の自信にとって素晴らしいことだろう。これで彼はドライバーズ・チャンピオンシップで3位につけた。彼は期待を上回っている」

ルイス・ハミルトンは、セルジオ・ペレスがレッドブルと契約したとき、レースの最前線で2つの戦略的要素を発揮することが予想されるためチームをより強くすると述べていた。クリスチャン・ホーナーは、その点でもセルジオ・ペレスを賞賛した.

「明らかに、両方のマシンがあそこにいるのは素晴らしいことだ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「先頭マシンを失った日に、チェコがすぐそこにいて勝利をもたらすことは、我々に二の矢が追加されたということだと思う。それはまさに我々が探していたものだ」

「彼のために嬉しく思っているし、舞台裏で多大な努力を行ってきたチームのために喜んでいる. すべてのパートナーのためにもね。誰もが自分の役割を果たしており、チェコもその一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス