レッドブルF1首脳、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を否定
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1に移籍しようとしているとの噂を否定した。

25歳のフランス人ドライバーであるピエール・ガスリーは、アルファタウリからレッドブル・レーシングの復帰を求めており、2022年までの契約は理論上、あと1年はどちらかのチームでレースをするように設計されている。

だが、ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーはアルファタウリに留まると Auto Motor und Sport に語る。

「アルファタウリのパッケージは彼にぴったりだ。そのコンビネーションはうまくまとまっている」とヘルムート・マルコはは語った。

「まだ2年契約が残っているので、ルノーの話がどこから来たのかは分からない。ピエールはファッショナブルなフランス人としてのアルファタウリの理想的な大使だ」

ピエール・ガスリーの新人チームメイトの角田裕毅に関しては、ヘルムート・マルコは不安定な21歳の彼をイングランドからイタリアに移し、残りのシーズンの期間、フランツ・トストの毎日の監督下に置く。

「もっと経験を積めば、彼はどんどん良くなっていくはずだ。シーズン後半は彼が定期的にポイントを獲得できることを期待している」とヘルムート・マルコは語った。

そして、レッドブルのドライバーキャンプに新たな空席がある場合、ヘルムート・マルコは、それらのギャップを埋めるのに十分な若い才能がいると語る。

「我々にはたくさんのドライバーがいる」とヘルムート・マルコは主張する。

「我々には若い選手がいないと書いてあるが、マシンが許せば、(ユーリ)ヴォップスがF2で勝てるし、(リアム) ローソンは完全に最前線にいる」

「だから、我々のランクにはレッドブルでドライブしたいと思っているの多くの才能がいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / アルピーヌ