レッドブルF1幹部 「ハミルトンはフェルスタッペンの脅威に困惑している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、絶対王者ルイス・ハミルトンが突然ミスを犯しているのは、マックス・フェルスタッペンからの本格的な挑戦に対処することに苦労しているからだと語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでは、いつもは冷静なルイス・ハミルトンがバックマーカーを抜くことを焦って濡れた路面に足元をすくわれてコースアウトしてノーズを壊すいう、ハミルトンらしくないミスを犯した。

「以前、彼は一貫した競争相手がいなかったが、彼はに今、レッドブルとマックス・フェルスタッペンという競争相手がいる」とヘルムート・マルコは n-tv に語った。

「明らかに、そして、当然のことながら、我々は今、この反応を見ている」

「それは、圧力を増すまではいかずとも、維持しなければならないことを意味している」

ヘルムート・マルコは、F1エミロア・ロマーニャGPのスタートでルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンから自分のポジションをどれほど強く守ったかを見て驚いたと語った。

「ハミルトンがあのディエルに勝てないことは明らかだったので、彼がイモラの最初のコーナーでアウトサイドに屈しなかったのは私にとって驚きだった」とヘルムート・マルコは言った。

「あれは、ハミルトンがこの競争相手を受け入れたがらないことを示している。代わりに、彼はそれに大規模かつ非常に熱心に対抗している」

メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、自分のチームを“レッドブル・ホンダに匹敵するパワーユニットがまだない”と言っているにもかかわらず、ヘルムート・マルコはメルセデスF1がまだ2021年のタイトル候補であり続けると主張する。

「バッテリーを完全に充電し、すべての電気エネルギーにアクセスする時間があれば、メルセデス側にはまだ一定のアドバンテージがある」

また、ヘルムート・マルコは、F1ポルトガルGPでもRB16Bにアップデートでポルティマンに持ち込んでいることを明らかにした。

「今年はメルセデスと我々の両方が夏までフルスロットルで2021年のマシンの開発をプッシュする風潮になると信じている」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン