レッドブルF1代表、アストンマーティンの空力規則変更への批判に苦言
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年の空力ルール変更に対するアストンマーティンの突然に批判に驚いたとし、事後のチームの不満と主張は“ナイーブ(甘い)”だと却下した。

2021年の第2戦F1エミリア・ロマーニャGPの金曜日、アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、空力ルール変更はチームに不当な影響を与えたとして、その背景にある意図に疑問を呈して物議を醸した。

ダウンフォースを削減してタイヤへの負担を減らすためにフロアのサイズとプロファイルを変更することを含めた空力ルール変更は、メルセデスとアストンマーティンが採用する“ローレーキ”の設計に悪影響を及ぼしたと言われている。

開幕戦ではルイス・ハミルトンが優勝したが、純粋なパフォーマンスではレッドブル・ホンダのRB16Bが上回っており、メルセデスF1のチーム代表を務めるトトヴォルフは、この空力ルール変更がマシンに苦戦している背後にある理由の一部であることを示唆していた。

しかし、メルセデスからコンセプトをコピーしたマシンを使用しているアストンマーティンF1のチーム代表オトマー・サフナウアーは、さらに一歩進んで、今シーズンのレギュレーション変更の背後にある本当の意図に疑問を投げかけた。

「正しいことは、FIAと話し合い、何が起こったのか、そして、その理由を正確に調べ、より公平にするためにできることがあるかどうかを確認することだと思う」とオトマー・サフナウアーは Sky Sports F1 に語った。

オトマー・サフナウアーの不満についてコメントを求められたレッドブルF1のクリスチャン・ホーナーは、同僚のスタンスには感銘を受けておらず、“ナイーブ”だと表現した。

「ローレーキに分類されるメルセデスがレースに勝ったという1つの例がある」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports に語った。

「バーレーンでは、我々よりもタイヤデグラデーションが良かったとは言えないまでも、ほぼ同じだった。ここでの彼らは非常に印象的だ。これまでのところ、1つのサーキットでしか走っていない。しかし、それをすべて無視すれば、レギュレーション導入するためにきちんとプロセスを踏んだ」

「それらはF1コミッションと世界モータースポーツ評議会を通過する前に、アストンマーティンが投票しなければならなかったであろう様々な規制を通じて全会一致で投票された。そして、それらはすべて全会一致で投票された」

「さて、数年前にフロントウイングの変更があったとき、それは我々を本当に傷つけた。我々はそれに反対票を投じた。だが、それを受け入れる必要がある」

「したがって、プロセスが完全に実行された後、1つのレースのサンプルの後に突然ルールが変更されると考えるのは少しナイーブに思える。私は理解に少し苦労している」

オトマー・サフナウアーが示唆したように、空力ルールの変更の背後にある意図がメルセデスの支配を抑制することであったかどうかを尋ねられたクリスチャン・ホーナーは、F1の過去の歴史を考えるとそのような解釈を拒否することはないだろうと述べた。

「それがゲームの本質だ」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「ブロウンディフューザー、ダブルディフューザー、フレキシブルウィング、非フレキシブルウィング、Fダクト、ほんの数年前に述べたフロントウィング規則であるかどうかにかかわらず、それはF1の一部だ」

「レギュレーションは進化し、変化する。柔軟に対応しなければならない。それがF1だ。来年はレギュレーションが大幅に変更されるが、チームは何年もの間それがスポーツの歴史の一部であることを分かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アストンマーティン