レッドブルF1はジョージ・ラッセルをメルセデスから奪う取るべき?
レッドブルF1は、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてジョージ・ラッセルを大金を払ってでもメルセデスから奪うべきだ。そう語るのは元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースだ。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスの務めたジョージ・ラッセルがピットストップでの作業ミスまでトップを快走。その後、2021年のF1シートがまだ決定していないセルジオ・ペレスがセンセーショナルなF1初勝利を収めた。

クリスチャン・アルバースは、ジョージ・ラッセルのF1サヒールGPでの活躍はレッドブルF1には苦戦を強いられているアレクサンダー・アルボンに代えて2021年にもっと速いドライバーを起用しなればならないという“警笛”になったと語る。

「これはレッドブルへの警鐘になるはずだ」とクリスチャン・アルバースは De Telegraaf に語った。

「レッドブルのタレントプールには誰もいない。彼らは現在多くのペースを示しているラッセルとペレスに注意を払う必要がある」

「レッドブルは彼らのうちの一人を手に入れる必要がある。チームにはそれを行うためのお金がある。ラッセルを買収する必要がある。私にはそれ以外にどのような選択肢があるのかわからない」

「アルボンはシーズンを通してそうであったように、また悪い結果を出した。マックス・フェルスタッペンは単純にマシンの開発のためにも良いチームメイトを必要としている」

こう考えているのはクリスチャン・アルバースだけではありません。ドイツの放送局 RTLの記者であるルートヴィヒ・デグマイヤーは、セルジオ・ペレスはアレクサンダー・アルボンのシートの“ポールポジション”にいるのはセルジオ・ペレスからもしれないが、今ではジョージ・ラッセルも候補だと語る。

「ヘルムート・マルコとクリスチャン・ホーナーはしばらくの間ラッセルに目を向けていたことを知っている」と彼は書いた。

「メルセデスが彼をファクトリーチームに入れない場合、他がラッセルを密猟しようとするのは確実だ。そして、彼のウィリアムズとの契約はすべての心配後の中で最も小さなことだろう」

「2021年にラッセルではなく、バルテリ・ボッタスを続投させることを非常に早くに決心したトト・ヴォルフは

「ラッセルよりも2021年にバルテリ・ボッタスにとどまることに非常に早く決心したトト・ヴォルフにとっては罰になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ジョージ・ラッセル