レッドブル・ホンダF1はジョージ・ラッセル獲得に動くべき?
レッドブル・ホンダF1は、ニコ・ヒュルケンベルグではなく、ジョージ・ラッセルの獲得に動きべき。そう語るのは元F1ドライバーのクリスチャン・アルバースだ。

今季、期待された成績を残せていたないのアレクサンダー・アルボンはシート喪失のプレシャーに晒されており、F1ポルトガルGPの内容はそれにとどめを刺すことになったと考えられている。

クリスチャン・アルバースは、アレクサンダー・アルボンにとってもはや今後のレースは重要ではなく、レッドブルF1はすでに新しいドライバーを探すことをしばらく前から心に決めているはずだと語る。

「たとえ彼が今後の2~3レースで好パフォーマンスを披露したとしても、レッドブルはもはやそのリスクを冒すことはないだろう。彼らはもう戻らないと思う。アルボンの性格が物語っている。攻撃性がない。フェルスタッペンとひっ買うすれば、同じ期間の物にも関わらず、完全に異なる世界だ」とクリスチャン・アルバースは DeTelegraaf のポッドキャストで語った。

クリスチャン・アルバースは、ニコ・ヒュルケンベルグがレッドブル・ホンダF1に加入するべきだとの見方には同意しない。

「彼はキャリアを通して才能があることを示してきたが、スバ抜けた才能があるわけではない。それにルノーではダニエル・リカルドに負けた。マックスがチームメイトとして彼を望んでいることは理解できえる。マックスは他のドライバーを恐れていないが、リカルドが彼を倒したことを分かっていれば、自信が持てる」とクリスチャン・アルバースは語り、他に候補者がいるはずと述べた。

「純粋なスピードで言えば、私ならジョージラッセルを選ぶ。彼はマックスと同じようにまだとても若く、頼れる若者でもある。マックスが常に速いとしれば、ラッセルはヒュルケンベルグよりもうまく対応できると思う」

ジョージ・ラッセルは、レーシング・ポイントのシートを失ったセルジオ・ペレスの加入によってウィリアムズF1のシートを喪失すると噂されている。ラッセルはその噂はペレス陣営がレッドブル移籍のために噂を煽っていると語っており、ペレスがウィリアムズ、ラッセルがレッドブル・ホンダという玉突き移籍が発生すれば、それは皮肉な話だ。

だが、最大の障壁はジョージ・ラッセルがレッドブル・ホンダのライバルであるメルセデスの育成ドライバーだということだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ジョージ・ラッセル