F1 レッドブル アレクサンダー・アルボン
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、次戦F1ベルギーGPからレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、ピエール・ガスリーの二の舞を踏むことはないと楽観視している。

昨年、トロロッソ・ホンダでパフォーマンスを発揮したピエール・ガスリーは、ダニエル・リカルドの想定外のルノー移籍によって予定よりも早くシニアチームであるレッドブル・ホンダに昇格。

しかし、プレシーズンテストでクラッシュを喫するなどマシンへの対応に苦労した躓いたピエール・ガスリーは、チームメイトを務めるマックス・フェルスタッペンが勝利や表彰台を繰り返すなか、トップチームのプレッシャーに対応することができず低迷。フェルスタッペンが181ポイントを稼いだのに対し、63ポイントしか獲得できず、F1ベルギーGPを最後にトロロッソ・ホンダに降格することが決定した。

代わりにレッドブル・ホンダのドライバーに抜擢されたのは、F1ドイツGPで3位表彰台を獲得したダニール・クビアトではなく、F1マシンでの経験が6か月しかないルーキーのアレクサンダー・アルボンであり、多くのものを驚かせた。

しかし、ヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンがトップチームのプレッシャーのなかでパフォーマンスを発揮できると楽観視していると語る。

「アルボンが第2のガスリーになるとは思っていない」とヘルムート・マルコは GRANDPRIX247 にコメント。
「アルボンを起用したとき、我々は彼が実際にレース毎に示しているスピードを持っているとは思っていなかった。来年、誰がフェルスタッペンのチームメイトになるかはわからないし、アルボンには、この9戦でプレッシャーなく、パフォーマンスを発揮して成長する機会が与えられる」

ダニール・クビアトではなく、アレクサンダー・アルボンを起用した理由についてヘルムート・マルコは「アルボンの方が最適だと考えたからだ」とコメント。

「クビアトがどれくらい速いかはわかっているし、彼はより完成されたドライバーになったと言うことができる」

「だが、すべての要素を考慮した上で、我々はアレックス(アルボン)を選んだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アレクサンダー・アルボン