F1 レッドブル ホンダF1
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンには満足しているものの、今年のマシンは2018年と比較して“わずかに後退”していると認めた。

今年、レッドブル・レーシングはルノーからホンダのF1エンジンに切り替えており、レッドブルの関係者はホンダとのワークスパートナーシップに満足していると語っている。

しかし、クリスチャン・ホーナーは「いくつかの理由で我々は昨シーズン終了時ほど競争力がない」と Speedweek に認めた。

クリスチャン・ホーナーは、その理由のひとつとしてピレリの“より硬い”2019年F1タイヤを挙げた。

「タイヤと新しい空力コンセプトの組み合わせは我々の助けにならなかった」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「フロントウイングコンセプトの変更は難しい仕事だ。スピードを上げるにはしばらく時間が必要だ。我々は正しい軌道に乗っている」

「F1では常に進化が重要だ。我々はシャシー側で着実に遅れを取り戻している。ホンダはエンジンで進歩を果たしているし、信頼性は前の年と比べて非常に優れている」

「だあ、我々のライバルも休んでいるわけではない。フェラーリはスペインで新しいエンジンを投入したし、ルノーもそうだった。メルセデスはカナダで投入するだろう」

「彼らの行動が我々に影響を及ぼすことはないが、我々は自分たちのプログラムに満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1