F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、F1スペインGPの決勝にむけてマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのドライブシャフトを交換した。

前戦F1アゼルバイジャンGPではピエール・ガスリーが6位走行中にドライブシャフトの故障によってリタイア。土曜日にもドライブシャフトに問題が発生しており、今回の交換はレッドブル・ホンダがいかにドライブシャフトの寿命にナーバスになっているかが見て取れる。

ちなみに今回の交換はパルクフェルメルールには抵触しないため、ペナルティは科せられない。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが4番グリッド、ピエール・ガスリーが6番グリッドからレースをスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1スペインGP