F1 レッドブル・レーシング ルノーF1
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダのF1エンジンについての“真実を隠している”と発言したルノーに反論。“空想を続けていればいい”と突き放した。

レッドブル・レーシングは、ルノーとのパートナーシップを解消して2019年からホンダのF1エンジンを搭載するが、シーズンが終わって以降も両者は舌戦を繰り広げている。

レッドブル側は、ホンダのF1パワーユニットがすでにルノーよりも優れていると主張しているが、ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは「ホンダは我々よりも20kW(約27馬力)劣っている」「彼らは事実を隠し、データを操作している」と語っていた。

だが、ヘルムート・マルコは「我々のシミュレーションでは、現在のホンダのF1エンジンははるかに良くなっている」と Motorsport Magazin にコメント。

「アビテブール氏は空想を続けていればいい。来年、何がテーブルにあるかはっきりわかることになる。我々にとって、ある時点でルノーが勝てるエンジンを我々に届けられないことは明らかだった。彼らの予算ではフェラーリやメルセデスと競うことはできない」

「我々が何かをしなければならないのは明らかだった。現在、我々の15年の歴史で初めてファクトリーエンジンを持っている。これはレッドブルとトロロッソが発展するための正しい道だ」

シリル・アビテブールが実際にはホンダのF1エンジンは27馬力劣っていると発言したことについては「それを議論する必要はない。来年、我々どの位置にいるか見てみよう」とコメント。

「今シーズン、ホンダのエンジンは段階的に改善された。グリッドペナルティの多くは、我々が常に新しいもの開発してテストしたかったことが要因となっている」

ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブルの2019年F1マシン『RB15』は生産の最終段階に入っている。

「すでにミルトンキーンズではすべてのテクニカルデータ、エンジンの寸法、重量、トランスミッションなどが揃っている」とヘルムート・マルコは語る。

「ホンダのエンジンはすでに我々のギアボックスで動いている。我々は非常にうまく搭載できていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルノー