F1 レッドブル・レーシング ダニエル・リカルド キミ・ライコネン
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドがレッドブルで走っていない可能性があったことを明らかにした。

レッドブルのジュニアドライバーだったダニエル・リカルドは、F1を引退したマーク・ウェバーの後任として2014年にレッドブル・レーシングに移籍している。

「ダニエルは過去5年間チームにいることに喜びを感じていた。2007年以降、彼がレッドブルと一緒に成長し、進化していくのを見れたのは素晴らしいことだった」とクリスチャン・ホーナーは express.co.uk にコメント。

「皮肉なことに、最初はマーク・ウェバーの後任を誰にするかというジレンマに直面していた。ジャン・エリック・ベルニュ、ダニエル・リカルド、そして、キミ・ライコネンが候補だった」

「ダニエルについての最大の懸念はペースではなかった。彼はトロロッソにおり、それまでにレッドブルのレーシングカーに乗っていたが、我々は彼がホイール・トゥ・ホイールのレースをするのを目にしてなかった。

「今では彼はオーバーテイクとなるとフィールドのベストドライバーのひとりだ。彼の性格もブラントと完璧にマッチしていた」

キミ・ライコネンは、2010年にレッドブルが支援するシトロエン・ジュニアチームからWRCに参戦しており、過去に何度かレッドブルへの加入が噂されていた。

最終的にレッドブルは、2014年のセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてキミ・ライコネンではなくダニエル・リカルドを選択。ライコネンはフェラーリに加入し、翌年、レッドブルからフェラーリに移籍したセバスチャン・ベッテルとチームを組むことになった。

ダニエル・リカルドは“新鮮なチャレンジ”を求めて長年所属したレッドブルを離れてルノーへ移籍することを決断。2019年の“シリーシーズン”の最大のサプライズのひとつと言える衝撃的なニュースだった。

2018年シーズン序盤にフェラーリやメルセデスへの移籍が噂されていたダニエル・リカルドにとって、レッドブルからワークス復帰してからいまだ表彰台さえ獲得できていないルノーへの移籍は実質的にキャリアの後退だと考えている者が多い。

マーク・ウェバーも、ダニエル・リカルドがレッドブルに残留した方がよかったのではないかと考えている。

「様子を見てみよう。素晴らしい決断であることを願っている。我々全員が落ち着いて見ていかなければならない。少々騒がれている移籍だが、彼にとってうまくいくはずだ」とマーク・ウェバーはコメント。

「短期的には一歩後退となることを彼もわかっている。来年の彼はレッドブルよりも下位になるだろう。彼はルノーに長期的に在籍することを見込んでいる。時にはそうしなければならないこともある。一歩下がって、二歩進むようなことをね」とマーク・ウェバーは語った。

「彼はルノーで可能なことについて現実的になる必要があるし、残された時間で現実的に何ができるかを見極めなければならない。彼は29歳だし、多くの時間が残されている・・・しかし、我々全員が、彼が今後2年間で競争力のある状況を過ごすのを見たいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | キミ・ライコネン | ダニエル・リカルド