レッドブル・レーシング F1 メルセデスAMG F1
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスがレッドブル・レーシングへのエンジン供給を考え直したのは、ルノーに対するレッドブルのリスペクトに欠ける批判が原因だと語った。

過去数シーズン、レッドブルとルノーはお互いにパフォーマンスと信頼性不足の責任について非難を繰り返しており、2015年には両者は決別寸前のところまで関係を悪化させた。

今年もレッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーとモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコは、ルノーの信頼性不足とメルセデスとのパフォーマンス差を槍玉に挙げている。

2015年にルノーとの決別を決意したレッドブルは、メルセデスにパワーユニット供給を打診したが、詳細な交渉に入る前に門前払いをくらっている。同様にフェラーリからも最新エンジンの供給は拒否された。

トト・ヴォルフは、レッドブルにF1パワーユニットを供給しない正当な理由として、ルノーへの絶え間ない口撃を指摘した。

「それはまさに彼らがそのようなことを言って自分たちの現在のパートナーをおとしめているからだ!」とトト・ヴォルフはコメント。

「プライベートライフやビジネスライフなど人生の他のどのような場面でも同じように、F1では妥協というものが必要になってくるものだし、パートナーの長所と短所を認め、お互いに助け合わねばならない」

「それがメルセデスの文化であり、ここ数年で成功へと導いてきた」

「リスペクトは我々の価値観において非常に重要な部分を占めている。それに基づいて、我々はパートナーたちを選んできた」

2016年以降、レッドブルはルノー製パワーユニットにタグ・ホイヤーのバッチをつけて参戦。しかし、ルノーは2018年末で満了となる契約を延長しないとされ、レッドブルは2019年からホンダのパワーユニットを搭載することになると噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル