レッドブル タグ・ホイヤー
レッドブルが、2016年に“タグ・ホイヤー”のバッチをつけたエンジンを搭載するとの噂が浮上している。

ルノーとの契約解消を望んだレッドブルだが、フェラーリ、メルセデス、ホンダからエンジン供給を断られ、結局に2016年もルノーのエンジンを継続することになるとみられている。

しかし、タイトルスポンサーを務めていたインフィニティとの契約は終了するとされ、ルノーおよびインフィニティとさらに距離を置くために“Nissan F1”のバッチがつけられる可能性があると報じられている。

だが、ここにきて、そのエンジンには“タグ・ホイヤー”のバッチがつくとの説が浮上した。

タグ・ホイヤーは、30年にわたってマクラーレンのスポンサーを務めてきたが、今年で終了。2016年からはレッドブルと契約することが明らかになっている。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「ロン・デニスはあまり満足しないだろうね」とアブダビで述べていた。

ロン・デニスとクリスチャン・ホーナーの緊張関係は、最近のF1委員会でも明らかになっており、ロン・デニスは「いい加減にしろ」とクリスチャン・ホーナーに言い放ったとも噂されている。

ロン・デニスは「クリスチャンが現在経験していることは自業自得だ」と Sky に語った。

関連:
レッドブル、2016年は“Nissan F1”バッチのエンジンで参戦?
マクラーレン、タグ・ホイヤーとのスポンサー契約が終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル