レッドブルの2022年04月のF1情報を一覧表示します。

アルボン 「レッドブルF1のドライバーを外された日は本当に辛かった」

2022年4月30日
アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1のドライバーを外された日は本当に辛かった」
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年シーズンの終わりにレッドブル・レーシングのF1ドライバーを外されたことを告げられたF1で夢の仕事を失った日の経験について語った

アレクサンダー・アルボンは、2019年のF1オーストラリアGPでトロロッソからF1デビューを果たし、その後、ピエール・ガスリーと交代する形で夏休みにマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングに昇進した。

レッドブルF1代表 「貨物輸送と運送費が大混乱をもたらす可能性がある」

2022年4月30日
レッドブルF1代表 「貨物輸送と運送費が大混乱をもたらす可能性がある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズン後半にF1の貨物輸送とロジスティクスがチームに「大混乱」をもたらす可能性があることを恐れている

新型コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされた世界的なサプライチェーンの問題は、ロシア・ウクライナ戦争によって運輸業界に大きな影響を与えており、ロジスティックのボトルネックを作り出した。

セルジオ・ペレス 「レース数が増加し続ければF1引退を考える可能性もある」

2022年4月30日
セルジオ・ペレス 「レース数が増加し続ければF1引退を考える可能性もある」
セルジオ・ペレスは、F1カレンダーが拡大し続けていけば、引退を検討するときが来る可能性があることを明らかにした。

今年のF1カレンダーは、ロシアがキャンセルとなって空席となっているが、史上最多の23戦のレースが組まれた。F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、代替開催のためにいくつかの会場と話し合っており、空いているスロットを埋めることができるリストはあると語る。

ジャン・アレジ 「レッドブルF1がイモラでセットアップが当てたのは幸運」

2022年4月30日
ジャン・アレジ 「レッドブルF1がイモラでセットアップが当てたのは幸運」
元F1ドライバーのジャン・アレジは、エミリア・ロマーニャGPでのマシンセットアップの決定に関して、レッドブル・レーシングは「少し運が良かった」と語った。

エミリア・ロマーニャGPでは、マックス・フェルスタッペンがスプリントと決勝の両方で優勝し、ポジションとファステストラップも記録するほぼ完璧な週末を過ごしたが、レッドブル・レーシングは車のセットアップに関して幸運だったと言われている。

セバスチャン・ベッテル、レッドブルF1への復帰交渉を否定

2022年4月30日
セバスチャン・ベッテル、レッドブルF1への復帰交渉を否定
セバスチャン・ベッテルは、レッドブル・レーシングに復帰するとの噂を否定。チーム代表のクリスチャン・ホーナーとは久しく話をしていないと語った。

セバスチャン・ベッテルのF1での成功の頂点はレッドブル時代に築かれた。2010年から2013年までドライバーズタイトルを4連覇。その期間にレッドブル・レーシングもコンストラクターズタイトルを4連覇している。

レッドブルF1首脳 「フェラーリはプレッシャーをかければミスを犯す」

2022年4月30日
レッドブルF1首脳 「フェラーリはプレッシャーをかければミスを犯す」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが開発戦争でスクーデリア・フェラーリよりも有利であるだけでなく、プレッシャーをかければフェラーリのミスを誘発する可能性があると主張する。

レッドブル・レーシングは、スクーデリア・フェラーリのホームレースのひとつであるエミリア・ロマーニャGPで完璧な週末を過ごした。

レッドブルF1、ルクレールの事故は「ペレスのDRS圏内に入ろうとしていた」

2022年4月29日
レッドブルF1、ルクレールの事故は「ペレスのDRS圏内に入ろうとしていた」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでのシャルル・ルクレールのスピンについて考察し、その結果はチームにとって「ボーナス」だったと表現した。

シャルル・ルクレールは、2番手を走行していたセルジオ・ペレスを追っていた際に、ヴァリアンテ・アルタでスライドしてバリアに接触。修理のためにピットに戻らざるを得なかった。

「角田裕毅はレッドブルF1の信頼に応えている」とF1関係者

2022年4月29日
「角田裕毅はレッドブルF1の信頼に応えている」とF1関係者
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、困難なルーキーF1シーズンの後、2022年に力強いパフォーマンスでレッドブルF1の彼への信頼に応えている。

角田裕毅は、イモラでトリッキーなコンディションでパフォーマンスを発揮し、評価の高いチームメイトであるピエール・ガスリーを上回る7位でフィニッシュした。レース後半ではケビン・マグヌッセンとセバスチャン・ベッテルを華麗にオーバーテイクしてみせた。

レッドブルF1 「RB18の軽量化はまだ完全には達成されていない」

2022年4月28日
レッドブルF1 「RB18の軽量化はまだ完全には達成されていない」
レッドブル・レーシングは、RB18を軽量化することによってイモラでスクーデリア・フェラーリを倒すことができたと述べているが、目標を達成するためには、まだ完全な「ウェイトウォッチャーズ(ダイエット)」計画が必要だと感じている。

レッドブル・レーシングは、シーズンの早い段階から車が最小重量制限をはるかに超えているため、スクーデリア・フェラーリとの戦いが妥協を強いられる可能性があると述べていた。一説では10kgも超過していると言われている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム