レッドブルF1代表 「貨物輸送と運送費が大混乱をもたらす可能性がある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズン後半にF1の貨物輸送とロジスティクスがチームに「大混乱」をもたらす可能性があることを恐れている

新型コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされた世界的なサプライチェーンの問題は、ロシア・ウクライナ戦争によって運輸業界に大きな影響を与えており、ロジスティックのボトルネックを作り出した。

F1のオペレーションはそれほど大きな問題の影響を受けていないが、ハースF1チームは輸送の遅れのためにバーレーンでのプレシーズンテストの初日を逃し、F1のロジスティックパートナーであるDHLは、オーストラリアGPに先立って、3チームに機器をメルボルンでのタイムリーな配達するために、抜本的な措置を取ることを余儀なくされた。
また、MotoGPでは、貨物の遅延の結果として、アルゼンチンGPでの走行の初日をキャンセルするという事態が発生している。

F1チームはパートナーと一緒に交通機関の懸念を厳密に管理することに集中しているが、今後、F1でダブルヘッダーやトリプルヘッダーの週末が重なってくると混乱する可能性がある。

また、ロジスティクスだけがF1チームの問題ではない。急増する輸送コストもすべてのチームの予算を圧迫している。

「それは大きな挑戦だ」とクリスチャン・ホーナーは認めた。

「我々は非常に複雑なカレンダーを持っており、非常にタイトなタイムスケールがある。トリプルヘッダーとダブルヘッダーが年末に登場するため、一定期間貨物を失うと明らかに大混乱を引き起こす可能性がある」

「これはロジスティクス担当者やF1と非常に緊密に連携している問題のひとつだ。だが、もちろん、コスト要素がある。今年の貨物輸送は2倍近くになると思う」

「我々は、生活費のすべてにおいて、世界中でインフレが見られることを理解している。そして、貨物が現在上限の範囲内にあると考えるとき、それは最終的にパーツと人々に1対1の影響を与えることになるので、これらのインフレコストを考慮に入れた賢明な手当を見つける必要があると思う」

「チーム全体が実行可能な解決策を探していると思うが、それは懸念事項だ。後からではなく、より早く対処する必要がある」

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表フランツ・トストも、物事を綿密に管理し、「準備する」必要があると強調した。

「もちろん、スケジュールが厳しいため、これは大きな課題だ」とフランツ・トストは語った。

「しかし、我々はこれを認識している。つまり、それを管理し、準備する必要がある」

「土壇場での対策はもはや不可能であり、競争相手として、コストは劇的に増加している。つまり、ロジスティクスの面では、解決すべき多くの問題がある」

「MotoGPのように遅れることなく、すべてのチームが時間内にトラックに車と装備を揃えられることを願っている」

レッドブル・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル