ラルフ・シューマッハ
ラルフ・シューマッハが、妻コーラと離婚に向けた協議に入っていることが明らかになった。

ドイツ誌 Closerによると、ミハエル・シューマッハの弟であるラルフ・シューマッハ(39歳)が、現在では妻のコーラと弁護士を通じてしか連絡を取り合っていないと報道。

また、Bild は、ラルフとコーラの二人は、1億ユーロ(約140億円)に及ぶ財産、ドイツ、オーストリア、フランスにある邸宅、そして13歳となる息子ダビッドの親権を巡って係争中だと報じている。

ラルフ・シューマッハは、1996年にフォーミュラ・ニッポンのタイトルを獲得した後、1997年にジョーダンでF1デビュー。その後、ウィリアムズ、トヨタに所属し、2007年シーズンでF1を引退。その後はDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦していたが、昨年限りでモータースポーツからの引退を表明している。

コーラ・シューマッハ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ラルフ・シューマッハ