キミ・ライコネン、今季初ポイント「ラスト2周まで何もないレースだった」 / アルファロメオ F1アゼルバイジャンGP 決勝
アルファロメオF1のキミ・ライコネンは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPを10位でフィニッシュ。今シーズン初ポイントを獲得削板。

「僕のレースはラスト2周になるまで特に何も起こらなかったので、ポイントを持ち帰れて良かったよ」とキミ・ライコネンはコメント。

「オーバーテイクは意外と難しく、先行マシンに比較的簡単に追いつくことができたけど、抜くことができなかった。赤旗後の再スタートはとても慌ただしかったので、もう少し良い結果を得られたかもしれないけど、ひどく方向に進む可能性もあったので、このポイントを選ぶだろう。最終的には、これ以上のことはできなかったと思う」

2021年 F1アゼルバイジャンGP 決勝 結果
1.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
3.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
4.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
5.ランド・ノリス(マクラーレン)
6.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
7.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
8.カルロス・サインツ(フェラーリ)
9.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
10.キミ・ライコネン(アルファロメオ)
11.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
12.バルテリ・ボッタス(メルセデス)>
13.ミック・シューマッハ(ハース)
14.ニキータ・マゼピン(ハース)
15.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
16.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
17.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
18.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
DNF.エステバン・オコン(アルピーヌ)
DNF.ランス・ストロール(アストンマーティン)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1アゼルバイジャンGP / アルファロメオ・レーシング