ポルシェ、ウィリアムズF1チームと株式50%の買収で合意との噂
ポルシェが、ウィリアムズF1チームの株式50%を買収することでほぼ合意に達しているとF1ジャーナリストのジャック・プローイュがF1アメリカGP後のZiggo Sportのレース後のレビューで明らかにした。

FIA(国際自動車連盟)は最新の声明で、ポルシェといくつかのF1チームとの間でも交渉が行われていることをすでに明らかにしている。ポルシェは、レッドブル・レーシングの買収を望んでいたが、チームは株式の50%を売却することを望んでいなかった。したがって、交渉は最終的に決裂した。

ポルシェはまだ他のチームと交渉中であると言われており、ジャック・プローイュによれば、ウィリアムズ・レーシングとの契約は現在、うまく進んでいるという。

「最新ニュース: ポルシェがウィリアムズと交渉している。2026 年から50%の所有者とエンジンサプライヤーになる。その取引はほぼ完了している」とジャック・プローイュはZiggo Sportの放送で伝えました。

ジャック・プローイュは、このメッセージのソースを引用していないが、取引はほぼ完了していると繰り返した。

これにより、フォルクスワーゲン グループは 2026年からF1で2 つの名前を獲得することになる。アウディは以前に2026 年からエンジン サプライヤーになることを発表しており、今年ザウバーとの契約を発表する可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ポルシェ / ウィリアムズ