F1 モナコGP 2019年のF1世界選手権
ピレリは、2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPと第7戦 カナダGPのタイヤ配分を発表。最も軟らかいC5コンパウンドが初登場する。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1、最も柔らかいものをC5と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

ピレリは、モンテカルロ市街地コースにC3(ハード/ホワイト)、C4(ミディアム/イエロー)、C5(ソフト/レッド)の3種類のコンパウンドを選択。これは2018年のソフト、ウルトラソウト、ハイパーソフトに相当する。翌戦カナダGPでも同じタイヤ選択が採用される。

各ドライバーはレースでC3とC4のいずれか1セットを使用しなければならない。またC5は予選Q3タイヤに指定される。チームはそれ以外の13セット中10セットを自由に選択することができる。

グランプリハードミディアムソフト
オーストラリアC2C3C4
バーレーンC1C2C3
中国C2C3C4
アゼルバイジャンC2C3C4
スペインC1C2C3
モナコC3C4C5
カナダC3C4C5


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1モナコGP