F1 ピレリ
ピレリは、今シーズン後半に2021年に導入される18インチの扁平タイヤについて考え始めることになるだろう。

2020年以降のF1タイヤ供給にはハンコックの入札もあったが、ピレリは2020年から2023年にF1の単独タイヤ供給者として契約を勝ち取った。

F1レギュレーションでは2021年から18インチの扁平タイヤが導入されることになっている。

SpeedWeek は、ピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは、シーズン前半は2020年仕様のF1タイヤのテストが優先されるが、シーズン後半には18インチタイヤに焦点が移行することになると語ったと伝えた。

「7月にスタートし、ピレリは2021年の準備を開始する」と同紙は報じた。

だが、18インチタイヤへの意向は物議を醸している。ルノーのテクニカルディレクターを務めるボブ・ベルは「それはマシンをより現代的なルックスにする」とコメント。

「最大の課題は、そこからベストなパフォーマンスを引き出す方法を学ぶことだ。関係するすべての人々にとってまったく新しい領域だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ