F1 2018年のF1世界選手権 ピレリ
ピレリのカーレーシング責任者を務めるマリオ・イゾラは、同社のより柔らかくなったF1タイヤとF1チームによるマシンの開発の組み合わせによって、2018年のF1世界選手権では平均ラップタイムがさらに短縮されると予測している。

2017年、F1には新たなレギュレーションが導入され、タイヤがワイド化されてダウンフォースが増加したマシンは2015年と比較して約5秒のタイムアップに成功。多くのサーキットのトラックレコードを更新した。

マリオ・イゾラは、2018年にはさらにラップタイムが更新され、再びトラックレコードが更新されることになると予測する。

「アブダビでのハイパーソフトはウルトラソフトよりも1秒速かった。かなり極端なコンパウンドだ」とマリオ・イゾラはオートスポーツ・インターナショナル・ショーでコメント。

「それを予選コンパウンドと呼びたくはない。ストリートサーキットや過酷さが低いサーキットでも使用されるように開発されたものだ」

「今年、いくつかのレースでハイパーソフトを登場させたいと思っている。おそらくモナコが初めて使用するレースになるだろう」

「ラップタイムに関しては、今年よりも速くなるだろう。クルマの開発によって平均でおそらく1周あたり1秒程度になると考えるべきだ」

「さらに特にシーズン序盤戦では2017年と比較して柔らかいコンパンドを使用する予定であることを考えれば、私の予想では昨年と比較して平均1.5秒は速くなるはずだ。大きなステップだ」

マリオ・イゾラは、ハイパーソフトはかなり極端な特性を持っているため導入する場所を慎重に検討しなければならないと語る。

「パフォーマンスは素晴らしいが、デグラデーションも高い。パフォーマンス、デグラデーション、摩耗の間でのノーマルなトレードオフだ」とマリオ・イゾラはコメント。

「アブダビでのデグラデーションはかなり高かったが、非常に柔らかいコンパウンドであるからこそ受け入れられた。各イベントで3つのコンパインドを選択しているのはそれが理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ