ピレリ F1 2016 アゼルバイジャン タイヤ
ピレリは、2016年 第8戦としてアゼルバイジャンの首都バクーで開催されるF1ヨーロッパGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表。ミディアムを抑え、スーパーソフトを多く選択するという傾向がみられた。

2016年から新しいレギュレーションが導入され、ピレリは1レースにつき3種類のコンパウンドを用意。バクーでは、スーパーソフト、ソフト、ミディアムという3種類のコンパンドがラインナップされてている。

フェラーリとレッドブルの両ドライバー、メルセデスのルイス・ハミルトンは、ミディアムタイヤを1セットのみ選択。レースでは、ミディアムとソフトを1セットずつとっておくことが義務付けられている。

チャンピオンシップ首位のニコ・ロズベルグは、ミディアムを2セット選択。ライバルよりもソフトが1セット少ない。

F1ヨーロッパGPは、6月17日〜19日に開催される。

ピレリ F1 ヨーロッパGP タイヤ選択関連:【動画】 バクー・シティ・サーキット:オンボード映像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1ヨーロッパGP