ピレリ 18インチ F1タイヤ
ピレリは、シルバーストンで開催されているインシーズンテスト2日目に18インチのプロトタイプF1タイヤでのテストを行う。

2014年のレギュレーションでは、各チームはインシーズンテスト中の1日をピレリとともに将来のタイヤ開発のためのタイヤテストに割り当てることになっており、2日目はレッドブルとロータスがピレリテストを担当。

ロータスは、シャルル・ピックがステアリングを握り、F1の将来の姿についての洞察を提供するために設計されたE22に新型18インチ・コンセプトタイヤによるデモ走行を行う。

現在、F1では13インチタイヤが採用されているが、ピレリは、各チーム、運営者および他のステークホルダーがタイヤサイズ拡大の方向へ向かう真の意向があれば、2017年以降18インチ、もしくはさらに大径なタイヤの開発を推進する意向を示している。

ピレリ 18インチ F1タイヤ




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ