アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリー 「チームリーダーを担う準備はできている」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年のF1世界選手権で明確なチームリーダーの役割を担う準備ができていると語る。

レッドブル・レーシングのシートを失った後もピエール・ガスリーは印象的な挽回を続け、シーズンを通してチームメイトのダニール・クビアトを凌駕。F1イタリアGPではアルファタウリ・ホンダF1にチームとして12年ぶり2度目の勝利をもたらした。

「僕は今、フィジカル的に人生で一番いい状態だ」とピエール・ガスリーは AutoHebdo に語った。

「チームでリーダーシップを発揮する準備ができている。チームを導けるかどうかは僕次第だ」

25歳のピエール・ガスリーは、チームメイトがルーキーで2021年のF1グリッドで最年少ドライバーである20歳の角田裕毅になるため、リーダーシップの役割が必要であると語った。

「実際、僕のアプローチは変わっていない」とガピエール・スリーは主張する。

「僕のチームメイトは経験が浅いことを覚えておく必要がある」

ピエール・ガスリーは、アルファタウリとしてもF1でステップアップすることに熱心だと語る。

「僕たちは自分たちを独立したレーシングチームとして位置付け、レッドブルの姉妹チームとは見なされないようにしたいと思っている」とピエール・ガスリーは語った。

しかし、ピーエル・ガスリーはレッドブルのパートナーシップは継続することになると語る。

「コラボレーションは引き続きコストを節約する。でも、いずれにしろ、規制によって非常に制限されるので、僕たち自身でやれることはたくさんある」
だが、ピエール・ガスリーは、2021年に再びレースで勝利する可能性については軽視している。

「もちろん、勝利のおかげで今はもっと脚光を浴びているけど、自分自身とチームの両方の状況について客観的であり続ける必要がある」とピエール・ガスリーは語った。

「毎週末、信じられないようなことができるとは思えない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ / 角田裕毅