F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1キャリアの立て直しに成功したと考えている。

F1オーストリアGPを周回遅れの7位という不甲斐ない成績で終えたことでピエール・ガスリーの評価は急落。レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ガスリーのパフォーマンスは“受け入れられるものではない”と批判していた。

しかし、F1イギリスGPでピエール・ガスリーは挽回を見せ、週末を通してチームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵するパフォーマンスを披露。レースではフェルスタッペンに接触があったものの、初めてチームメイトよりも上位フィニッシュとなる4位でレースを終えた。

「オーストリアの後、何が起こっていたのかを理解するために多くのミーティングを行った」とピエール・ガスリーはコメント。

「深刻なものではなかったけど、単純に小さなことがたくさん積み重なっていた。幸いなことに、僕たちはここで大きな前進を果たすことができた」

「シーズンのベストリザルトを達成できたし、フェラーリとも良いバトルができた。表彰台にたどり着くにはまだ何か特別なものが必要ではあるけど、自分のレースには満足している」

レッドブルのF1チーム代表っを務めるクリスチャン・ホーナーも、ピエール・ガスリーがシルバーストーンで不振から脱却したと考えている。

「彼は週末を通して完璧な仕事をした。オーストリアで起こったことっはオーストリアに捨ててきたようだね」とクリスチャン・ホーナーは微笑んだ。

「シルバーストーンに到着すると、かれはすぐにチームメイトのやってることを気にせずに自分の仕事に集中していた。そうだね、彼は良いパフォーマンスを発揮したと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1