ピエール・ガスリーの2022年01月のF1情報を一覧表示します。

ピエール・ガスリー 「角田裕毅の加入でリーダーとしての自覚が強まった」

2022年1月30日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「角田裕毅の加入でリーダーとしての自覚が強まった」
ピエール・ガスリーは、2021年にルーキーの角田裕毅が加入したことでチームリーダーとしての責任と自覚が強まり、それが自身に良い影響を与えたと語る。

2019年シーズンの途中にレッドブル・レーシングからトロロッソに戻されたピエール・ガスリーは、パフォーマンスを落とすことも予想されたが、逆にパフォーマンスは上向き、2021年はミッドフィールドの最強のドライバーとしての地位をさらに確固たるものにした。

【動画】 ピエール・ガスリー、F1マイアミGPの新サーキットを訪問

2022年1月29日
【動画】 ピエール・ガスリー、F1マイアミGPの新サーキットを訪問
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、F1マイアミGPの舞台となる新サーキット『マイアミ・インターナショナル・オートドローム』を訪れた最初のF1ドライバーのひとりとなった。

ピエール・ガスリーは、アメリカのフロリダ州にあるトラックを訪れ、サーキットのパーソナルツアー、自身のカーナンバーである10番と名前が入ったマイアミ・ドルフィンズのジャージを受け取り、ドルフィンズのトレーニングセンターでトレーニングを行った。

ピエール・ガスリー 「メディアはF1の重要な部分。大きな影響力がある」

2022年1月27日
ピエール・ガスリー 「メディアはF1の重要な部分。大きな影響力がある」
ピエール・ガスリーは、メディアがF1の重要な部分であることを分かっており、F1ドライバーに“ダメージを与える力”を持っていると語る。

F1でのピエール・ガスリーのキャリアは、ドライバーがマスコミに潰される、もしくは支持されるかを示す良い例のひとつだ。実際、ガスリーはその両方を経験している。

アルファタウリF1、角田裕毅&ガスリーが3日間のプライベートテスト

2022年1月26日
アルファタウリF1、角田裕毅&ガスリーが3日間のプライベートテスト
アルファタウリF1は、角田裕毅とピエール・ガスリーが2022年のプレシーズンテストに先立ってF1マシンに再びアジャストすることを目的とした3日間のプライベートテストを実施する。

プライベートテストは1月25日~27日の3日間、イタリアのイモラ・サーキットで実施され、2020年型マシンの『AT01』が使用される。

ピエール・ガスリー 「次の契約がF1での将来の成功の鍵を握る」

2022年1月25日
ピエール・ガスリー 「次の契約がF1での将来の成功の鍵を握る」
アルファタウリのピエール・ガスリーは、2022年シーズンの終わりにF1での将来の成功を決定する可能性のある“重要な移籍”にすでに備えていると語る。

ピエール・ガスリーのF1キャリアは2部構成のストーリーとなっている。2019年にトロロッソからレッドブル・レーシングに昇格したガスリーだが、シーズン途中にトロロッソに戻された。

ピエール・ガスリー 「F1ワールドチャンピオンになる目標は諦めていない」

2022年1月16日
ピエール・ガスリー 「F1ワールドチャンピオンになる目標は諦めていない」
ピエール・ガスリーは、F1ワールドチャンピオンになるという目標を決して諦めてはいないと語る。

アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2021年の傑出したパフォーマーの一人であり、バクーでの表彰台を含めて複数回トップ6でフィニッシュした。

ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」

2022年1月16日
ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルF1が2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に検討することを期待していた。

レッドブルのジュニアチームのメンバーであるピエール・ガスリーは、トロロッソでの印象的なスティントの後、2019年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

ピエール・ガスリー 「2023年はトップチームに移籍する大きなチャンス」

2022年1月13日
F1:ピエール・ガスリー 「2023年はトップチームに移籍する大きなチャンス」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2023年をF1ワールドチャンピオンに挑戦できるチームに移籍する大きなチャンスだと考えている。

2021年シーズンを通して、特に予選においてアルファタウリ・ホンダのF1マシンから最大限を引き出したピエール・ガスリーは、自身自身をステップアップの明確な候補者として見ている。

ピエール・ガスリー 「ブラウンGPのようなサプライズを期待」

2022年1月10日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「ブラウンGPのようなサプライズを期待」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、F1マシンが一新される2022年にブラウンGPのようなサプライズが起こることを期待していると語る。

2022年にF1レギュレーションは大幅に変更され、F1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグラウンドエフェクトカーに移行する。全F1チームはゼロからのスタートとなり、昨年と勢力図は大きく変わる可能性がある。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム