ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1がガスリーを呼び戻さないのは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルF1が2022年のドライバーとしてピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に検討することを期待していた。

レッドブルのジュニアチームのメンバーであるピエール・ガスリーは、トロロッソでの印象的なスティントの後、2019年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢された。

しかし、チームメイトのマックス・フェルタッペンのパフォーマンスに匹敵することに苦労したピエール・ガスリーは、2019年シーズン途中にトロロッソに送り返された。

それ以来、ピエール・ガスリーとレッドブルとの間の緊張感は長引いているが、彼はアルファタウリF1に名前を変えたチームのセットアップの重要な部分であり続けている。

2021年はピエール・ガスリーにとってこれまでで最高のF1シーズンであり、初めて100ポイントの壁を破り、シーズン全体で110ポイントを獲得した。

2021年にレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢されたセルジオ・ペレスは、吹き沈みのあるパフォーマンスだったため、ピエール・ガスリーは2022年のドライバー候補として多方面から指示された。

しかし、レッドブルはどの段階でもピエール・ガスリーを呼び戻すことを真剣に考えているようには見えず、代わりにセルジオ・ペレスとの契約を2022年まで延長。ガスリーは今季もアルファタウリF1に留まることになった。

その決定にニコ・ロズベルグを驚かせた。ロズベルグは、その選択はガスリーの信頼がそこになることが言うことができると語る。

「ピエールは本当に素晴らしい。驚いたことに彼らは彼をマザーチームであるレッドブルレーシングに連れ戻さなかった」とニコ・ロズベルグはSky F1に語った。

「しかし、彼がレッドブルレーシングのプレッシャーの下でパフォーマンスを発揮できるかどうかは決してわからない。それが残された大きな疑問符であり、それが彼らが彼を戻さなかった理由だと思う」

「しかし、アルファタウリで彼は本当に驚異的な仕事をしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / レッドブル / ピエール・ガスリー / アルファタウリ