ピエール・ガスリー 「F1ワールドチャンピオンになる目標は諦めていない」
ピエール・ガスリーは、F1ワールドチャンピオンになるという目標を決して諦めてはいないと語る。

アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2021年の傑出したパフォーマーの一人であり、バクーでの表彰台を含めて複数回トップ6でフィニッシュした。

ドライバーズチャンピオンシップで初めて100ポイント超えとなる110ポイントを獲得したピエール・ガスリーは、マクラーレンのダニエル・リカルドからわずか5ポイント差のランキング9位となり、ルキーのチームメイトである角田裕毅(32ポイント)を大きく上回りった。

ピエール・ガスリーは、2019年シーズン途中にレッドブルから降格された後、ファエンツァのチームで着実に開花し、昨年にそれは最高潮に達した。2021年は、モンツァでF1初勝利を挙げた2020年に並ぶことはできなかったが、予選とレースの両方でより定期的にミッドフィールドの前を走った。

ピエール・ガスリーは、F1でこれまでで最高レベルのパフォーマンスを発揮できていると語り、本当のパフォーマンスを示すことができたと振り返る。

「今年(2021年)は明らかに非常に良かった。自分のポテンシャルを本当に発揮できる立場にあったと思うし、何度もそうすることができたと思う」とピエール・ガスリーは説明した。

「ミッドフィールドの後ろにいるなら、年に2回、P9とP8を獲得すれば、それは2つの驚くべき結果だと言えるだろう。それでも信じられないほどだけど、誰もあなたに気付くことはないだろう」

「2021年に僕はマシンがフェラーリとマクラーレンを打ち負かすことができる立場にあった。僕たちは、フェラーリが自分たちより2~3倍の予算を持っていることを知っている、彼らがより競争力のあるパッケージを持っていることを知っているし、マクラーレンも同様だ。それにもかかわらず、僕はまだいくつかの機会に彼らを打ち負かすことができた」

「僕にとっては、自分のスキルやスピードを発揮できる立場にいることが重要だった。もちろん、常に取り組むべき分野はたくさんあるけど、F1キャリアでこれまでで最高の成績を収めたと言っても過言ではない」

ピエール・ガスリーは、2021年の個人的な野心は、レース週末を通して一貫性を改善することだったとし、過去には劣っている部分を補うためにしばしばマシンをオーバードライブしていたことを認める。

「一貫性に取り組みたかったのは、マシンが素晴らしいときのパフォーマンスは問題ないけど、マシンがそれほど良くないときも、自分が持っているマシンを最大限に活用したいと思ったからだ」とピエール・ガスリーは説明した。

「過去に何度かトライしすぎたり、やり過ぎたことがあった。その側で良い一歩を踏み出したと思うし、より一貫性を保てるようになったと思う。それが個人的に主な目標だった」

ピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンを中心に構築されたレッドブル・レーシングのプレッシャーによって、実際にシーズンの半分でチームを去った。

ピエール・ガスリーは、経験の浅い角田裕毅がいることで、アルファタウリF1で事実上のチームリーダーを務め、チームの中心となることを直接経験することになった。

ピエール・ガスリーはチームのリードドライバーであることがどれほど価値があるかを経験し、2021年のパフォーマンスの主要な要因としてアルファタウリが自分に焦点を合わせていたことを挙げた。

「レッドブルでのマックスの状況は、チーム全体が彼の周りにいる。それが彼らがチャンピオンシップに勝つ立場にある理由だ」とピエール・ガスリーは指摘する。

「ルイス(ハミルトン)はメルセデスチーム全体が彼を支えているので、彼はチャンピオンシップに勝つ立場にある。彼らはその立場にいなければ、一人でそのパフォーマンスを達成できない」

「僕はルーキーの裕毅がいるアルファタウリで同じような立場にあった。チーム全体が自分に集中してたし、チームに最も多くのポイントをもたらすように努めた。それが僕たちが持っていたパッケージを上回る結果を達成できた理由だ。彼らは僕サイドに非常に多くの努力と注意を払ったので、僕たちはいくつかの機会に結果に届けることができた」

「どのチームに所属していても、最高のレベルでパフォーマンスをしたいのであれば、それが必要なステータスだ」

2022年はフィールドを平準化するために新しいレギュレーションとさらに厳しい予算制限を課すが、ピエール・ガスリーは、いつの日かワールドチャンピオンになるという夢について「現実的である必要がある」と認める。

アルファタウリF1でワールドチャンピオンになるという野心を実現できると思うかと質問されたピエール・ガスリーは「現時点ではそれを言うのは時期尚早だと思う」と語る。

「素晴らしいことを成し遂げることは可能だけど、現実的である必要もあると思う」

「僕はF1でワールドチャンピオンになりたい。リソースがあり、過去数年間に築き上げてきた知識があるメルセデスのようなチームと戦うのは非常に難しいことだ」

「前線での戦いを経験して、前線での戦いはよりプレッシャーがあり、特定のミスを犯す余裕がなく、すべてをうまく処理する必要があることがわかると思う。そういったチームはそのシチュエーションを管理する経験と知識を持っている」

「もちろん、言うのは時期尚早だけど、当然ながら、僕の目標は、キャリアの中でワールドチャンピオンのために戦うことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ