ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるは、ケータハムがF1に留まる「唯一の可能性」だったことを認めた。

ケータハムは、2013年のF1ドライバーにギド・ヴァン・デル・ガルデを起用することを発表。ヴィタリー・ペトロフはケータハムのシートを失った。

「チームの決定については数日前に知っていました。我たちはそれを尊重しなければなりません」とオクサナ・コサチェンコはコメント。

「それを予想していなかったとは言いません」

オクサナ・コサチェンコは、ヴィタリー・ペトロフのためにテストドライバーなどの他のオプションを検討していると述べた。

「私たちはヴィタリーがF1やパドックの周りに留まるオファーをいくつか受けています。彼にとって何がベストかを決めなければなりません」とオクサナ・コサチェンコは述べ、F1以外のレースシートという選択肢は「可能性は低い」と付け加えた。

また、オクサナ・コサチェンコは、ロシア企業、さらには2014ねにソチでF1を開催するロシアGPの主催者に対しての失望を表した。

「我々はソチGPをプロモートするために何かしなければなりません。これは彼らが犯した大きなミスです」とオクサナ・コサチェンコは述べ、ロシアGPの主催者が支援の要請を断ったことを示唆した。

さらにオクサナ・コサチェンコはF1の現状を「現在のF1は本当に高価です」と嘆いた。

「実際、現時点ではスポーツではありません。ショーの傾向にあります。ますますレンタルドライバーが増えていくと思っています」

皮肉なことに、ヴィタリー・ペトロフは2010年にF1デビューしたとき“ペイドライバー”の烙印を押されている。

しかし、オクサナ・コサチェンコは「3年間のF1で示した彼の可能性はサポートに値するドライバーであることを示したと思っています」

関連:ケータハム、ギド・ヴァン・デル・ガルデの起用を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | ケータハム