ヴィタリー・ペトロフ、マルシャに移籍か
ヴィタリー・ペトロフが、2012年にマルシャ(現ヴァージン)に移籍する可能性があるとロシアのメディアが報じている。

フランスの Toile F1 は、ロータス・ルノーGPがロマン・グロージャンと契約目前だと報道。

ヴィタリー・ペトロフは2012年の契約を結んでいるが、マネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは「フランスのメディアは、母国人をサポートするのがうまいですよね」と否定も肯定もしていない。

報じられたところでは、オクサナ・コサチャンコは、ヴィタリー・ペトロフの将来について交渉するために火曜日にロータス・ルノーGPの本部にいたとされている。

Russia Today は、2012年からロシアのスーパーカーメーカーであるマルシャにチーム名を変更するヴァージンが、ヴィタリー・ペトロフの選択肢だと報道。

マルシャは、ロシア繋がりでヴィタリー・ペトロフを起用する可能性があり、ペトロフもチームにスポンサーを持ち込む可能性がある。

マルシャは、長期契約を結んでいるティモ・グロックと新人のチャールズ・ピックを2012年のドライバーとして起用することを発表しているが、ティモ・グロックに代わってヴィタリー・ペトロフがシートを獲得するとの噂が広まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー / マルシャ