ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2011年F1開幕戦オーストラリアGPへの抱負を語った。

ヴィタリー、メルボルンでシーズンが開幕します。レースは楽しみですか?
開幕にぴったりな場所だし、去年初めて訪れたけど本当に楽しかった。ファンはF1に熱狂的だし、グランドスタンドも満席だ。この国がレースを愛しているのは明白だね。

12ヵ月前と比較して、2シーズン目のスタートはどのような違いがありますか?
人間的に大きく変わったと思う。多くの経験を積んできた。チームのことをよく知り、F1に対する理解も深まった。全てのサーキットを知っているという事だけでもずっと楽だ。よりうまく準備ができていると感じている。

冬季テストを終えた今の心境はいかがですか?
冬の間に多くのことを学んだ。R31は、確実に大きく進化しているけど、同時に新しいタイヤにも対処しなければならない。パフォーマンスに大きく影響するからね。タイヤはデグラデーションのせいで、去年のタイヤよりも動きが大きくなっているし、よりアグレッシブだ。

開幕戦に向けてうまく準備できていると感じていますか?
いつだってテストにはもっと多くの時間を望むものだ。もう1週間与えられたら、それを使うだろう。特に今年はマシンに新しいものがたくさんある。KERSは冬に初めて経験したし、可変リアウイングは全員にとって新しい。僕たちのソリューションは優れていると思うし、競争力があると信じている。

レース中、ドライバーはより忙しくなりますか?
“マルチタスキング”が今年のキーワードになるだろう。時速300kmでステアリングの全てのダイヤルを操作するのは、ブラックベリーで3つのメッセージに返信して、目玉焼きを作りつつ、靴のひもを結ぶような感じかな。しかも、同時にね。どうなるのか様子を見てみよう。

開幕戦の現実的な目標は?
スタッフはこのクルマのために素晴らしい仕事をしてくれた。力強く、アグレッシブかつ革新的だ。シーズン中にも多くの新しいものを投入していく。どの位置でレースを終えるのかについては話したくない。実際、誰にも分からないことだからね。でも、去年よりも上位に近づいていると思う。2〜3レースもすればわかってくるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー / F1オーストラリアGP