ヴィタリー・ペトロフの2010年02月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ 「ザウバーとカンポスも選択肢だった」

2010年2月22日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2010年にザウバーとカンポスとも契約する可能性があったことを明らかにした。

2009年のGP2を2位で終えたヴィタリー・ペトロフは、1500万ユーロを持ち込んでルノーのシートを獲得したとされている。

「BMWザウバーを選ぶ可能性もあったけど、単純な理由でルノーを選んだ」とヴィタリー・ペトロフは語る。

ヴィタリー・ペトロフ 「グロージャンは途中から参戦するべきではなかった」

2010年2月22日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、ロマン・グロージャンはシーズン中盤にルノーからのオファーを受けるべきではなかったと語る。

ヴィタリー・ペトロフとロマン・グロージャンは、2009年にGP2チームのBarwa Addaxでチームメイトだった。

昨年7月にロマン・グロージャンは、ネルソン・ピケの後任としてルノーのレースシートに座ったが、R29でパフォーマンスを見せることができず、2009年に7戦レースを戦ったあとF1シートを失った。

ヴィタリー・ペトロフ ヘルメット (2010年)

2010年2月22日
ヴィタリー・ペトロフ ヘルメット
ヴィタリー・ペトロフの2010年のヘルメット。ヴィタリー・ペトロフは、今年ルノーでF1デビューを飾るロシア人ドライバー。ヘルメットのカラーリングもロシアの国旗カラーである白・赤・青を採用。トップにはイニシャルであるVPのデザインが入れられている。BELL製。

ペトロフ陣営、ルノーのシート喪失の危機を否定

2010年2月10日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネジメントは、ルノーのシート喪失の危機を否定している。

ヴィタリー・ペトロフは、ロシア人初のF1ドライバーとしてルノーと契約。しかし今週、チームに対して約束した1,500万ユーロの持ち込み資金が実現しない可能性があると報じられた。

ヴィタリー・ペトロフのマネジメントを担当するマニュスクリプト・エージェンシーは「ドライバーのマネジメントは、ドライバーの父のインタビューを誤解したことによる全ての噂を否定する」との声明を発表。

ヴィタリー・ペトロフ、資金繰りに問題?

2010年2月9日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのルノーのF1シートは、必ずしも安泰というわけではないようだ。

ペトロフの父アレクサンダーは、マネージャーのオクサナ・コサチェンコがロシアの主要な500社と交渉したが、資金を見つけられなかったとロシアのSovSport.Ruにコメント。

アレクサンダーは、シートに必要な1500万ユーロのうち、750万ユーロを3月に支払い、残りの半分は7月に支払うことでルノーと合意していると語る。

ヴィタリー・ペトロフ、ルノーでのテスト初日に満足

2010年2月4日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、3日にバレンシア合同テストに参加。ルノー R30での初走行を行ったペトロフは、75周を走行し、1分13秒097を記録。全体の6番手でテストを終えた。

ヴィタリー・ペトロフ
「マシンでの初日は本当に楽しかったし、全てが順調だった。マシンはGP2と比較して非常に印象的だったし、パワーとブレーキパフォーマンスを経験することは楽しかった。30周くらいで快適に感じ始めたし、マシンの限界を理解し始めた。エンジニアと作業するのも初めての機会だったし、全てが本当にうまくいったので満足している」

ヴィタリー・ペトロフ、持参金の持ち込みを認める

2010年2月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、今年ルノーでF1デビューするためにシートを買ったことを認めた。

しかし、ヴィタリー・ペトロフは、ロシアの多国籍企業から数億ルーブルの資金提供を受けているという報道を否定した。

ペトロフの今年のヘルメット・バイザーには「ロシア」の文字が目立っている。

ヴィタリー・ペトロフ Q&A:ルノーのレースシート獲得について

2010年2月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2010年のルノーF1チームのドライバーになった喜びを語った。

ヴィタリー、ルノーF1チームのドライバーとして発表されたばかりですが、興奮しているに違いありませんよね・・・
うん、本当にそうだよ! 僕にとって非常に長い冬だったし、他のドライバーが次々と契約にサインするのを見るて、むしろ非常にナーバスになっていた。でも、いつか僕の番がくるとずっと信じていたし、今、やっとそれが現実的になってルノーF1チームに感謝したい。2003年にフォーミュラ・ルノー2.0を初めてドライブしたとき、いつかF1でルノーのドライバーになるなんて想像できなかったので、本当に夢が叶ったようだ。今はコックピットに座って、F1カーで最初のラップを行うのが待ちきれない。最高の気持ちになると確信しているよ。

ルノー、ヴィタリー・ペトロフの起用を正式発表

2010年2月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ルノーは、2010年のレースドライバーとしてヴィタリー・ペトロフを起用することを発表した。

ヴィタリー・ペトロフは、25歳のロシア人ドライバー。昨年はGP2シリーズに参戦し、総合2位でシーズンを終えた。ロシア人ドライバーのF1フル参戦は初となる。

ヴィタリー・ペトロフは、ロバート・クビサとともにR30の発表会に出席した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム